旅行コラム

【確認必須!】ホテルでいざという時に使える英語フレーズ集10選!

「ハンガーがない!」

「タオルが足りない!」

「隣の部屋がうるさい!」

 

海外のホテルでは、日本と異なる点が多くあります。

たまのご褒美旅行で一流ホテルに宿泊する時も、普段馴染みのないサービスで戸惑ってしまうこともあります。

そんな時に役立つ英語のフレーズを「旅らび.com」のレポーターあすが紹介していきます!

あす
あす
今回は海外ホテルで困った時に使えるフレーズや、実際に体験した苦い経験談などを交えて紹介していきますよ!

スポンサーリンク

ホテルで困った時に使える英語のフレーズ【10選】

No.シチュエーション英語
始めフロントデスクへ電話の切り出し方Yes,this is 〇〇 in room 201. I’d like to order ~.
1モーニングコールほして欲しい時I’d like to order a wake-up call for tomorrow morning.
2ルームサービスをお願いしたい時I’d like to order room service.
3朝食の予約をしたい時I’d like to have a tomorrow breakfast. Can I request a reservation for breakfast?
4タオルやお皿が足りない時I’d like to have extra towels.
5Wifiがあるか聞きたい時Do you have free Wi-Fi?
6チェックアウトの時間を聞きたい時I’d like to know check out time.
7タクシーを呼びたい時I’d like to call a taxi. Could you please call me a taxi?
8エアコンの調子が悪いThe air conditioner doesn’t work.   etc..
9トイレやお風呂のトラブルThe toilet doesn’t flush well.  etc..
10隣の部屋が騒がしい時The people next door are very noisy. Could you get me a different room?

では早速シーン別に困った時に使えるフレーズを紹介していきます。

カタコト英語でもゆっくりと伝えれば意外と伝わるものです!

日本人はクレームを言わない、自己主張が無いなんていうことを旅していると耳にすることがあります。

全てのホテルがとはいいませんが、故障している部屋を案内されることもあります。そういった時には我慢せずに、きちんと自分の要望を伝えることで、ホテルでの滞在を快適にすることができます。

何か必要なことや、サービスに不備があればきちんと声をあげましょう!

ではいざという時にぜひ使ってみて下さいね!

会話のスタート:フロントデスクへ電話の切り出し方

フロント:Good evening, Front Desk. Can I help you?
自分:Yes,this is 〇〇 in room 201.
自分:I’d like to order ~.

まず会話をスタートする際に、自分がどの部屋に泊まっているか伝えましょう。

日本のホテルでも何か伝える時は、宿泊ルーム番号を伝えますよね。それと同じ考えで会話をスタートさせます。

その後に、I’d like to ~.で何をして欲しいか伝えます。

電話口での挨拶はそのままで、自分の要望に合わせてI’d like to ~.の部分をアレンジして使っていきましょう。

1.モーニングコールほして欲しい時

I’d like to order a wake-up call for tomorrow morning.
(モーニングコールをお願いしたいです。)

起きるのが苦手な人はモーニングコールサービスを使うのはありです!

どうしても起きるのが心配な時は、起こして欲しい時間を伝えて

2.ルームサービスをお願いしたい時

ルームサービスの例画像

I’d like to order room service.
(ルームサービスをお願いしたいです。)

外出するのが面倒な時は、ルームサービスをお願いするのもありですよね。

物価の低い国であれば、日本でルームサービスを頼むよりも安価に済むことも多いです。

一つの選択肢として頭に入れておきましょう。

3.朝食の予約をしたい時

朝食会場の画像

I’d like to have a tomorrow breakfast.
Can I request a reservation for breakfast?
(明日の朝食をお願いしたいです。予約はできますか?)

予約が必要なツアー申し込みや、マッサージなどはCan I request a reservation forに続けて予約したい内容を伝えます。

Can I request a reservation for optional tour?
Can I request a reservation for SPA massage?

利用したい時間もあらかじめ決めておくとスムーズです。

4.タオルやお皿が足りない時

アメニティの画像

I’d like to have extra towels.
(追加でタオルが欲しいです。)

タオルの他にカップやお皿など必要に応じて頼むことができます。

その場合はtowelsの部分をcups(カップ)、お皿(plates)に変更して使いましょう。

*明確に何枚追加で欲しいか決まっている場合は、タオルなどの名詞の前に欲しいだけの数をくっつけて使います。

(例)I’d like to have extla two towels.
(追加で2枚タオルをください。)

スポンサーリンク

5.Wifiがあるか聞きたい時

ホテルのルールブック画像

Do you have free Wi-Fi?
(Wi-Fiはありますか?)
I’d like to get Wi-Fi pass.
Could you tell me the Wi-Fi pass?
(Wi-Fiのパスワードを知りたいです。教えてくれませんか?)

wifiのパスワードはチェックインの際に紙で渡されるか、部屋に設置されている案内に書いてあることもあります。

ホテルによって管理方法が異なるので、チェックインの際に確認しておくとよいでしょう。

6.チェックアウトの時間を聞きたい時

I’d like to know check out time.
チェックアウトの時間を知りたいです。

チェックアウトの時間が明記されていないこともよくあります。

これもチェックインの際に聞いておくのがベストですが、わからない時は電話でサクッと聞きましょう。

7.タクシーを呼びたい時

I’d like to call a taxi.
Could you please call me a taxi?
(タクシーを呼びたいです。1台呼んでいただけますか?)

Grabアプリなどを使って、自分で呼ぶ人が多いと思いますが、なかなか捕まらない時は、タクシーの配車をお願いすることもできます。

8.エアコンの調子が悪い

My room is too cold.
(部屋が寒ずぎます)
My room is too hot.
(部屋が暑すぎます)
How do you adjust room temperature?
(温度調整の仕方を教えてくださいますか?)
The air conditioner doesn’t work.
(エアコンが効いていません)
Could you please get me a diffrent room?
(部屋を変えてくれませんか?)

海外旅行でよく感じるのは、「適度な温度」が国によって異なるという点です。

東南アジア諸国ではホテルの標準設定温度が寒すぎることもよくあります。

日本のようにホテルで一括設定ではなく、部屋ごとに温度調整できるパターンがほとんどなので、まずは自分で調整してみましょう。

操作方法がわからない場合は教えてもらう。

さらにはエアコンが壊れてしまっている時は、部屋を変えてもらいましょう。

我慢していると体調を崩す原因にもなりかねませんからね。

9.トイレやお風呂のトラブル

トイレの画像

<トイレ>
The toilet doesn’t flush well.
(トイレの水がよく流れません。)

<お風呂>
No running hot water.
(お湯が出ません。)
The hot water isn’t enough hot.
(お湯がぬるいです。)
The water in the bathtub doesn’t drain.
(バスタブの水が流れません。)
Could you please get me a diffrent room?
(部屋を変えてくれませんか?)

お部屋の水回りのトラブルは結構キツイです。

以前宿泊した部屋では、トイレ水の流れが止まらない部屋がありました。

始めは我慢していたのですが、音がうるさくて眠れなかったので、部屋を変えてもらいました。

そのとき変えてもらった部屋は水回りのトラブルはなく、しかも部屋のグレードがアップして快適に過ごせました。

言ってみるもんですね。

10.隣の部屋が騒がしい時

The people next door are very noisy. Could you get me a different room?
(隣が騒がしいです。部屋を替えていただけますか?)

これは正直よくあります。

文化の違いと受け入れるかは自由ですが、夜中までバカ騒ぎしているお客も中には存在します。

睡眠を削がれることで、体調を崩す原因になってしまうのでこれも早めにクレームを入れましょう。

あす
あす
ではここまででホテルでよく使うフレーズを紹介してきました。トラブル発生時は焦ると思いますが、冷静にきちんと自分の要求を伝えることで、解決に向かいますので、頑張って伝えましょう!

スポンサーリンク

まとめ

では今回は旅らびレポーター「あす」が、ホテルで困った時に使える英語フレーズをまとめて紹介してきました。

日本語での言葉の表現はたくさんありますが、英語も同じように難しい単語など使わずに言い換えて言いたいことを伝える方法はいくらでもあります。

最低限のコミュニケーションが取れれば、旅で困った時もなんとかなります。

今回紹介したフレーズを使って、ピンチを乗り越えましょう!

あわせて読みたい
現地の人に道を聞いたが英語が理解できず結局道がわからなかった話「海外旅行で迷子になった、やっぱり現地の人に聞いたほうがいい?」 「目的地が分からず道に迷ってしまった…。」 「海外旅行中に...
あわせて読みたい
海外で"生きた"英語を使えるようになる勉強法を比較してまとめてみた!「海外旅行のために英語を勉強したい!」 「海外で使えるしっかりとした英語を学びたい!」 「海外で生きた英語を使えるための効率...
あわせて読みたい
話題の【セブ島0円留学】は"話せる英語"を学べて違法性0!?「海外でも通用する英語を学びたい!」 「お金がないけど英語を本気で学びたい!!」 「なるべくお金をかけずに英語が学べる留学方...
あわせて読みたい
【英語が喋れない...。】海外旅行で大活躍の翻訳アプリって?海外旅行で不安に思うことはなんでしょうか? お金?・治安?・言語? etc.. 様々あるかと思います。 ですが、私は言...
あわせて読みたい
海外転勤で必要になる【英語】を行く前にバッチリ学んでおこう「突然の海外勤務でどうすれば良いのかわからない」という人はいませんか? 転勤のある会社は多いでしょうが、海外転勤とはわけが違います...
ABOUT ME
あす
“旅らび”ライター 新潟県出身 便利な都会暮らしに憧れるギャップ系女子。22歳の時の初海外旅行でフィリピンに行き、カタコト英語でなんとか乗り切る。「海外の友達を作りたい!」という想いから新卒Uターン就職するも、2年で退職し語学留学にいく。半年でTOEIC“200”点代から“800点”に意地と根性でレベルアップ!これ!と決めたら突き進む、突進型、ブルトーザーのような性格。将来は放浪しながら仕事して、経営者、旅人、両側面で生きるのが夢。
RELATED POST