日本で唯一とも言える南国リゾート「沖縄

海外旅行ではないのでパスポートもいらず、安価で南国の雰囲気を満喫することができます。

そんな魅力ある沖縄旅行に行ってきました!

今回は、実際に行った沖縄旅行の体験談について詳しく紹介していきます!

沖縄旅行の参考にしてみてください♪

スポンサーリンク

行く前に抱いていた沖縄の印象って?

日本で唯一の南国リゾートとして世界中から愛されている沖縄ですが、私が行く前に抱いていたイメージはこんな感じです。

行く前のイメージ
◎ 沖縄そば
◎ 海が綺麗
◎ あったかい
◎ 美ら海水族館がある
◎ 首里城がある
◎ シーサー
◎ サータアンダギー
◎ ちんすこう etc..

イメージと言えば有名な観光地や食べ物と沖縄の気候くらいです。

海外旅行のようなウキウキ感やワクワク感のある日本の旅行地として、私の中では非常に評価の高い旅行先であることは間違いありません。

退屈な日常を忘れ「非現実的な生活」を強く感じさせてくれる旅行先が沖縄なんですね〜。

海外の南国リゾートと比べた時のメリットって?

では次に、沖縄旅行のメリットについて確認していきましょう!

ここでは、あくまで日本人目線で見ていこうと思います。

沖縄旅行の6つのメリット
❶ 安価で非現実感を味わえる
❷ 日本語が通じる
❸ 当然、食事は日本人の舌に合う
❹ フライト時間が短い
❺ 海外旅行に比べ、ハードルが低い
❻ お土産が日本人ウケする etc..

日本人目線ではこのようなメリットがあります。

海外旅行は不安でいっぱいだけど、綺麗な海は見て見たい…。」「南国リゾートに行ってみたい!」と言う人には非常におすすめな旅行先と言えるでしょう。

沖縄旅行を高く評価しているのは日本人だけではありません。

海外からもたくさんの観光客が来日しています。

その理由は、『沖縄独自の文化や食事も楽しめるから』です。

世界中から注目を集めている旅行先なのです!

スポンサーリンク

実際の沖縄観光で計画した旅行プランはこちら

では早速、沖縄旅行での実際の旅行プランを紹介していきます!

練りに練ったプランですので、参考にしてみてください♪

沖縄旅行3泊4日の旅行プラン
<1日目>
❶ 首里城観光
❷ 識名園観光
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<
2日目>
❶ 美ら海水族館観光
❷ 今帰仁城跡観光
❸ 金城町の石畳道観光
❹ 国際通り観光
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<3日目>
❶ 万座毛
❷ スキューバダイビング体験
❸ 琉球村
❹ アメリカンビレッジ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<4日目>
❶ 帰宅

沖縄の旅行プランはこんな感じです。

レンタカーを借りて回ったので、観光地までの時間も考慮して無理のない旅程に。

時間をかけてゆっくりと観光。また、食事もなるべく被らないようにしてみました。

この後に観光地の詳細を詳しく紹介していきます!!

ぜひ、チェックしてみてください♪

沖縄旅行1日目のプラン

1日目の旅程
1.首里城観光
2.識名園観光

それでは早速、旅行プランをご紹介していきますが、1日目はフライトの関係で午後からの観光になりましたので、那覇市を中心として旅程を組みました。

その1:首里城観光

首里城」は空港から20分ほどで行くことができ、沖縄で一番有名な観光地です。

お城は赤色を基調としており、日本にある他のお城と比べても異質。

首里城は山の上に建設されており、景色も最高。世界遺産にも登録されており、どこを見ても圧倒される見ごたえたっぷりの観光地になります。

守礼門をくぐって観光スタート!

守礼門は首里城とともに有名な観光地の一つです。

琉球衣装を着ているお姉さんと一緒に記念撮影を撮ることもできるので、チェックしておきましょう♪

首里城の中はこんな感じ!

本館を見るためには入場料が必要になりますが、本館の中を見るための別途料金は不要。

無料で本館の中を見学することができます!

首里城にある展望台(西のアザナ)から見た景色

遠くの方には海が見えます。

綺麗な自然と海、そして那覇市内全てが見える展望台♪

首里城限定の『ゆみこ』を食べてみました

沖縄では「BLUE SEAL」と呼ばれるアイスクリームのお店が有名です。どこにでもあり、美味しいアイスクリームを食べることができます。

そんなBLUE SEALのアイスクリームは、首里城周辺のお土産屋さんにも存在します。

そこでは、首里城限定で販売している「ゆみこを食べることができます。

上からハイビスカス・紅いも・マンゴーのスペシャルブレンド!

これが350円で食べることができます。

気になる味は…秘密、にしておきましょう♪

首里城の詳細
観光時間:1時間半(ゆっくりと観光して)
首里城内観光:20分
入場料:820円/1人(大人)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Point

・首里城からは那覇市内を一望することができる
・時間帯によってはイベントを実施している
・お土産屋もたくさんあります
■注意!!■
非常に人気な観光地なので、たくさんの観光客で賑わっています。そのため、首里城周辺の駐車場は常に満車。また、道も狭く、運転は非常に大変です。モノレールで向かうことをおすすめします。

その2:識名園観光

首里城から車で15分ほど走ったところにあるのは、琉球の王家が利用していた最大の別荘「識名園

首里城とは違い、美しい自然が魅力的な観光地になります。

識名園の中央には大きな池があり、ゆっくりとしたひとときを過ごすことができます。

また、展望台も存在し、首里城と同じく那覇市内を一望することができます。

綺麗な池と別荘をパシャり!!

自然のせせらぎに心癒されます。

展望台からみた那覇市内をCHECK!!

火事?のような煙が出ていましたが、遠くの方まで綺麗に見えます。

琉球王国の王族になった気分を味わうことができます♪

識名園の詳細
観光時間:40分
入園料:400円/1人(大人)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Point

・那覇市内を一望できる
・別荘内を見学できる
・駐車場は50台ほど止められ、無料
■注意!!■
自然の多い観光地になりますので、虫除けスプレーを使っておきましょう。

<<1日目の観光は終了!!>>

沖縄旅行2日目のプラン

沖縄2日目の旅程
1.美ら海水族館
2.今帰仁城観光
3.金城町の石畳道を散策
4.国際通り散策

続いて、沖縄2日目の旅行プランを紹介していきます!

1日中観光に時間を使うことができるので、少し遠い観光地を回ってみました…。

その1:美ら海水族館

2日目最初の観光地は美ら海水族館

沖縄と言えば、美ら海水族館というくらいに観光客に大人気の観光地です。

国際通り近くのホテルから高速を乗らず、車で2時間弱走って到着しました。

水族館がメインですが、イルカショーをはじめ様々なイベントを実施しています。

美ら海水族館を上からパシャり!!

美ら海水族館の館内は非常に広く、開放的なつくりになっています。

入場してすぐに目に飛び込んでくるのは沖縄の綺麗な海。

「沖縄に来たな」という気持ちにさせてくれます♪

ギネスにも登録されている大水槽!

大き過ぎて入りきりませんでした。笑

しかし、それほど大きな水槽であるということがわかりますよね!

8mもするジンベイザメが小さく見えますよね♪

美ら海水族館の名物「オキちゃん」

美ら海水族館はイルカショーも非常に有名。

その中でも、「オキちゃん」は大人気なんです!

2時間〜2時間半ごとにイルカショーを行なっているので、見てみましょう♪

イルカショーはこんな感じ

美ら海水族館からビーチに出ることもできる!

美ら海水族館からビーチに出ることもできます!

沖縄の美しい海と白い砂浜を堪能しましょう♪

美ら海水族館の詳細
観光時間:2時間
水族館内観光:1時間
その他諸々:1時間
イルカショー:20分間
入館料:1800円/1人(大人)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Point

・海の生物に触ることができる
・無料で記念撮影ができる
・ギネスの大水槽を見ながら食事ができる
・駐車場は無料
■注意!!■
・駐車場は北ゲートを利用すると館内にすぐ入ることができ、便利です。
・美ら海水族館に向かう際、高速に乗っても一般道を走っても時間はさほど変わりません。

その2:今帰仁城跡観光

美ら海水族館から車で15分ほどの場所にある世界遺産「今帰仁城跡

立派な石垣が印象的。

跡地なのでお城はありませんが、それでも綺麗な景色と歴史を感じさせてくれます。

入り口は石の階段が出迎えてくれます

城内に入るといきなり石の階段が姿を表します。

歩きにくく、長いため入り口で杖を無料で貸し出しています。

階段の上り下りに不安のある人は杖を借りて登るようにしましょう!

石垣からはこんな感じ

とても高い場所に位置しているので、海が丸見えです。

いつまでいても飽きることのない壮大な景色にたそがれてみてください♪

別の角度から見ると・・・

今帰仁城名物『おっぱのソフトクリーム』を食べてみました!

首里城に続き、今帰仁城にも名物のソフトクリームがあります。

おっぱのソフトクリーム

沖縄県産の乳牛から絞られた濃厚なミルクを贅沢に使用しています。

普通のソフトクリームと明らかに違う濃厚なソフトクリームでした!

300円で食べることができるので、今帰仁城観光の後に食べてみてください♪

今帰仁城跡の詳細
観光時間:1時間
城内観光:40分
歴史文化センター観光:20分
入場料:400円/1人(大人)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Point

・駐車場は無料
・1枚の入場券で今帰仁城跡と歴史文化センターを観光できる

その3:金城町の石畳道を散策

少し時間が余ったので、那覇市内に戻って首里城のすぐ隣にある「金城町の石畳道」を観光。

傾斜が厳しく、足腰の弱い人にはあまりおすすめはできませんが、アニメにでてきそうな景観を楽しむことができます。

道がいくつか別れているので、一つ一つ見て回るのも、一つに絞って見るのも良いかと思います♪

金城町の石畳道の詳細
観光時間:1時間(じっくり見て)
一本道のみ:20分
入場料:特にない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Point

・道の途中でゆっくりできる喫茶店がある
■注意!!■
足に負担のかかる観光地なので、足腰に不安のある人にはあまりおすすめできません。

その4:国際通り散策

沖縄でお土産を買うなら「国際通り」が一番!ということで、2日目の最終日は国際通りに行ってきました!

お土産屋さんやレストランなどが1500mの間にぎっしり。

なんでも揃うのが国際通りなのです♪

国際通りの詳細
観光時間:1時間半(全て回って)
入場料:特にない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Point
・沖縄のお土産がなんでも揃う
 ■注意!!■
・非常にたくさんのお店があるので、全て回っているとかなりの時間がかかってしまう。
・いつ行っても混むので、なるべく歩いて向かうのがおすすめ

<<2日目終了!!>>

沖縄旅行3日目のプラン

沖縄3日目の旅程
1.万座毛観光
2.スキューバダイビング体験
3.琉球村観光
4.アメリカンビレッジ散策

3日目は、スキューバダイビングを中心とした旅行プランを構成。

旅行も後半戦なので、お土産を買うことができるような観光地も回りました。

その1:万座毛観光

沖縄でも有名な景勝地である「万座毛

絶壁に広がる美しい海は圧巻です。

ホテルからは1時間半ほどで到着します。

あいにく天気が悪く、綺麗に撮れませんでした…。

本来の万座毛はこちら

miwaさん(@miwako7447)がシェアした投稿

万座毛の詳細
観光時間:15分
入場料:特にない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Point
・お土産屋がたくさんある
・駐車場は無料

その2:スキューバダイビング体験

スキューバダイビングは沖縄で注目されている「青の洞窟」に行くことのできるものにしました!

場所は恩納村にあり、エメラルドグリーンとコバルトブルーの2色の海を楽しむことができます。

海の中は非常に綺麗で、上から見るよりも青かったです。

たくさんの魚たちと触れ合いました♪

気になる青の洞窟はこんな感じ

写真で見るよりも実際に見た方が綺麗に見えますが、イメージとしてご紹介します。

ナポリにある青の洞窟さながらの美しさが沖縄にもありました♪

スキューバダイビングの詳細
体験時間:2時間半
料金:8000円/1人(大人)
利用会社:GreenGrass
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Point
・青の洞窟を見ることができる
・初心者でも楽しむことができる
・インストラクターやスタッフの方が優しい

体験ダイビングの詳細はこちら

その3:琉球村観光

青の洞窟から10分ほどのところにあるのが同じく恩納村にある「琉球村

ここは、沖縄の歴史を知り、体験することができる観光地になります。

お土産を買うことも、食事を取ることもできるオールマイティーな観光地です!

場内はこんな感じ

琉球王国時代の生活に触れることができます。

どのような建物の作りをしているのか、どういった生活をしているのか感じて見ましょう♪

水牛を間近で見れました!

場内には水牛がいます!

水牛をどのように利用していたのかも実践してくれます。

迫力ある水牛は意外に大人しかったです。

沖縄風パンケーキ『ポーポー』を食べてみた!

沖縄風パンケーキのポーポー

黒糖で味付けをしており、巻いているのが特徴です。

このポーポーを、琉球村で食べることができます。

120円と非常に安価でとっても美味しいので、ぜひ食べてみてください!

琉球村の詳細
観光時間:1時間20分
入場料:1200円/1人(大人)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Point
・家族で楽しむことができる
・駐車場は無料

その4:アメリカンビレッジ散策

アメリカの雰囲気をイメージした観光地「アメリカンビレッジ

ゲームセンターやアメリカで売ってそうな商品が数多く点在しています。

観光地としても有名ですが、観光者だけでなく現地の人のも愛されている憩いの場になります。

アメリカンビレッジの詳細
観光時間:1時間〜2時間(お好みで)
入場料:特にない
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Point
・アメリカンな雰囲気を楽しむことができる
・建物がおしゃれ
・駐車場は無料
■注意!!■
駐車場は非常に混みます。時間には余裕を持って予定を組みましょう。

<<3日目終了>>

※4日目に関しては、午前中のフライトだったため観光はしていません。

沖縄に行った人の口コミや評判ってどんな感じ??

みなさんすごく楽しんでいますよね!!

沖縄話はかなり楽しいです。笑

国内唯一のビーチリゾートですので、行ってみることを強くおすすめします♪

沖縄で食べておきたい沖縄料理3選

沖縄で食べたい沖縄料理
1.沖縄そば(首里そば)
2.タコライス(きじむなぁ)
3.ステーキ(ステーキハウス88)

観光地について色々と確認していきましたが、次に旅行中に食べておきたい沖縄料理を紹介して行きます!

沖縄料理1:沖縄そば(首里そば)

沖縄といったら沖縄そばですよね!

どこの沖縄料理屋でも食べることができますが、おすすめは首里そばというお店の沖縄そばです。

コシのある麺とお肉の相性は抜群。

沖縄でもかなり有名なお店になります。

無くなり次第閉店してしまうので、食べたい人は早めにいって並んでおくようにしましょう♪

首里そばの詳細
営業時間:11:30〜14:00
料金:首里そば500円/中・じゅーしー200円
住所:沖縄県那覇市首里赤田町1-7 ギャラリーしろま内

沖縄料理2:タコライス(きじむなぁ)

沖縄料理でタコライスも非常に愛される料理の一つですよね!

ピリ辛のソースは癖のある味付けで、たくさんの具材で料理としての満足感もあります。

タコライスはきじむなぁというお店がおすすめです!

チェーン展開をしているお店ですが、地元の人にもおすすめをされました♪

きじむなぁの詳細
営業時間:11:00〜15:00
料金:タコライス680円・オムタコ780円
住所:沖縄県国頭郡恩納村瀬良垣475

沖縄料理3:ステーキ(ステーキハウス88)

アメリカの影響を強く受ける沖縄はステーキも有名!

沖縄料理ではありませんが、とっても美味しいお肉を食べることができます。

おすすめのお店はステーキハウス88です!

沖縄旅行に行けばわかるかと思いますが、どこにでもあります笑

アメリカ人も愛したステーキを堪能してみてください♪

ステーキハウス88の詳細
営業時間:11:00〜23:00
料金:1000円〜
住所:多数あり

【綺麗..!】琉球グラスを買って帰ろう

沖縄の伝統工芸といえば『琉球グラス』ですよね!

様々なデザインがありますが、どれも綺麗の一言。

お土産としても喜ばれますが、自分用でも一つ購入することをおすすめします。

琉球グラスは幅広い使い道があり、コップとして使っても、花桶として使ってもOK!

自分の好きなように思ったように使ってみてください♪

■注意!!■
琉球グラスを選ぶ際には感覚で選ぶようにしましょう。また、安いものは沖縄で作られていない場合がありますので、沖縄産にこだわる人は銘柄の記載があるものを選ぶようにしましょう。

贅沢した3泊4日の旅行でかかった現地での旅費は4万5千円!!

今回は、お金に気にせず沖縄旅行を楽しみました。

満足できる食事や観光をして、最終的に使った旅費が4万5千円

これはスキューバダイビングのお金やレンタカーの保険やガソリン代も含んだ金額です。

これだけ持っていけば、沖縄旅行をお金を気にすることなく満喫できるので、ぜひ確認してみてください♪

まとめ

天気も良く、歴史と美しさの両方を感じることができました。

海に入ることもできたので、とっても満足です!

ご紹介した観光地や料理以外にもまだまだ沖縄を満喫できる要素はたくさんあります。

沖縄旅行の計画を立てる際の一つの参考にしてみてください♪

\安全な格安旅行を申し込むならH.I.S/

 

オススメ度
利用しやすさ
質の良さ
料金
会社規模
H.I.S.の詳細
おすすめのツアー
コメント
日本最大級の海外旅行を得意とする旅行会社。旅行者にとって嬉しい「格安」での旅行を提供している。
The following two tabs change content below.
旅らび.com編集部

旅らび.com編集部

海外旅行専門の情報メディア『旅らび.com』! 日々、海外旅行に関する有益な情報を発信しています。 TwitterやInstagram、Facebookでもサイトでは発信していない海外旅行情報を発信していますので、画像下のアイコンをクリックしてチェックしてみてくださいね♪