どーもこんにちは、うみです!

数年前に日本からの直行便が就航したとのことで、観光地として人気を集めているメキシコ。

メキシコはアメリ合衆国の南方に隣接する国で、正式にはメキシコ合衆国といいます。

広さは日本の約5倍あり、スペインの植民地であったこともあり、公用語はスペイン語となっています。

その玄関口である首都・メキシコシティには一体何があるの?

ということで、メキシコシティでの楽しみ方について実際に行った私が”旅らび.com“よりご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

メキシコシティの楽しみ方1:ベジャスアルテス宮殿で民族舞踊を鑑賞!

ここはオペラハウスで、メキシコの民族舞踊が鑑賞できます。

1934年に完成したこの建物は、白大理石が使用されており、とても豪華な外観をしています。

内観はこんな感じです。

綺麗だなー。

目の前の広場は憩いの場となっており、地元民や観光客など多くの人で賑わっています。

特に宮殿入り口前にあるこのMEXICO五輪のオブジェは大人気!

みんな次々に写真を撮るので、必ず人が映ってしまうという…

人がはけるのをしばらく待ってましたが、途中で諦めました笑

最寄駅はメトロのベジャス・アルテス駅です。

ここでの公演を観たいのであれば、チケットはインターネットか直接宮殿内で購入することができます。

スポンサーリンク

メキシコシティの楽しみ方2:シウダデラ市場でお買い物♪

ここはベシャスアルテス宮殿から南西に歩いて約15分のところにあるシウダデラ市場です。

メトロのバルデラス駅からは徒歩で5分ほどです。

100軒以上のお店が入っているので、メキシコでお土産を買うならここで全部揃っちゃうんじゃないかなーと思います。

お土産を買う方はもちろん、見て回るだけの方でもかなり楽しめるところです。

メキシコのお土産として有名なのがこちら、『ガイコツ』グッズです!

メキシコでは、2500年以上も前から行われていたとされる「死者の日」と呼ばれる伝統的なお祭りがあります。

日本のお盆に似たような風習とよく言われますが、

この「死者の日」のお祭りは、死者を迎え、死者とともに楽しく過ごし、そして死者を送るというかなり明るいイベントとなっています。

街中はカラフルにデコレーションされ、人々はガイコツの仮装をして練り歩きます。

お盆とハロウィンを合わせたようなイベントですね〜。

このメキシコ最大のお祭りである「死者の日」をモチーフにしたガイコツグッズがお土産としても有名です。

あとはメキシカングッズ

ぶっちゃけこんな大きいハット、持って帰るの大変だろうなとは思うけど、メキシコ感が半端ないです。

たまに買ってる人を見かけました。笑

カラフルで可愛いですよね!

実用性はあまりなさそうなので、壁に掛けてインテリアとして使えそうです。

メキシコシティの楽しみ方3:観光地の密集しているソカロ広場を散策〜!

メキシコシティの中心地であるソカロ広場は、メトロのソカロ駅に直結しています。

このだだっ広いソカロ広場は、メキシコシティ・メトロポリタン大聖堂、テンプロ・マヨール遺跡、国立宮殿、ホテル、市庁舎などに囲まれており、メキシコの政治的・宗教的な中心地でもあります。

こちらはメキシコシティ・メトロポリタン大聖堂で、アメリカ大陸の中で最大のキリスト教建造物となっています。

建物が大きいので、近くで写真を撮ろうとすると全体が写りません笑

そしてこちらは国立宮殿です。

ここはスペインの植民地時代からある、メキシコ独立の舞台となった場所で、スペイン人征服者が実際に移住していた場所でもあります。

この国立宮殿の見どころは、メキシコの3題壁画家の一人であるディエゴ・リベラが描いた「メキシコの歴史」という壁画です。

私は時間の関係で中に入れなかったのですが、入場は無料なので是非中に入って見てみてください。

また私が行ったのは年末年始ではありましたが、まだまだクリスマスの雰囲気がガッツリと出ていました。

(夜はイルミネーションが点灯するのだろうか…?)

そして広場周辺では、疲れ果てたミッキー&ミニーを発見しました。

夢が壊れるわ…笑

一人でぶらぶらしてましたが、なかなかに面白い広場でした。

メキシコシティの楽しみ方4:死ぬまでに行きたい世界の図書館に選ばれた「バスコンセロス図書館」に入ってみる!

バスコンセロス図書館は2006年にオープンして、2015年には「死ぬまでに行きたい 世界の図書館」にも選ばれた巨大な図書館です。

中はとてもカッコよくて、まるでSF映画の世界に迷い込んだような感じで、近年SNSでもたまに見かけます。

メトロのブエナビスタ駅から出てすぐのところにあります。

私が滞在していたホテルからはメトロを乗り継いで行かなければならず、ちょっと迷子になりながら何とかたどり着いたという思い出があります。

図書館に近づくと何やら張り紙が…

って!!

まさかの休館日!!

スペイン語全く分からないけど雰囲気で即座に察知!!

どうやらクリスマスから年始にかけては、図書館は休館日のようです。

確かにな。

地元の図書館も年末年始はお休みだわ。

何となく観光地をイメージして行ったのですが、ここは普通の私立図書館なわけですよ。

けどせっかくここまで遠路はるばる来たので、少しでも中が見えないだろうかと、悪あがき。

どうにかして隙間からでも中の様子が見えないかと頑張ってました。笑

微妙に中が見える…⁈

とまぁそんなこんなで、この時期に行かれる方は休館日の恐れがあるので注意が必要です。

ちなみに普通に図書館なので、入場は無料です。

メキシコシティの楽しみ方5:街をとりあえず歩いてみる!

適当に市内をぶらぶらしていたので、その他のメキシコシティもご紹介します!

街を歩いてると至る所に屋台があります。

メキシコといえばタコスですよね!

タコスの屋台もたくさんありますよー!

見て回った感じ、どの屋台もメニュー表なんてないので適当に頼むスタイルかなと。

出来立てのタコスは熱々で美味しいし安い!

そしてまた歩いてると今度は中華街を発見。

中華街ってどこにでもあるよなぁ。

さすが中国、人口が世界ナンバーワンなだけあるなぁと思いつつ、今回はスルーで。笑

そして今度は通天閣(大阪にある展望塔)に似たタワーを発見。

なんだろ…。

そしてメトロのピノスアレス駅近くの大衆食堂のようなところにも行きました。

ここではあまり観光客の姿は見ず、ほとんどが地元民で賑わっていました。

メニューは写真付きが多かったので助かりました笑

また通り沿いにあるちょっとした広場(公園?)には、遊具のごとく健康器具が設置されており、地元のおじさま方で盛り上がっていました。

私も少しやってみましたが、無料で運動できるので、ここもお散歩がてら筋トレしに来るのもありだなぁとか思います。

そして気になるのが治安事情

メキシコシティは、場所によってはかなり治安が悪い場所もあるそうです。

私は昼間も夜も運良く安全に出歩くことができましたが、確かに街中では警察がいたるところで巡回しているのを見かけました。

警察が巡回してるから安心!っていうより、こんなに警察がうろちょろしてるってどんだけ事件が起こりやすいんだ、と思いました。

因みに夜はこんな感じで、お店はシャッターが閉まってるんですが、そのシャッターにはどこもペイントがされているので、夜でも街中が明るく感じました。

ただ大通りでも人通りが少なかったりもするので、あまり不用意に出歩くのは避けたほうがいいかと思います。

スポンサーリンク

おわりに

メキシコシティだけでもこんなに沢山の見所があります。

ささっと見てまわるタイプの方であれば、上で紹介した見所はすべて、1日で回ることができます。

わたしはメキシコシティとカンクンしか訪れたことがないですが、その他の都市にもいつか行ってみたいと思います。

もう一度行きたくなる国、メキシコ。

ぜひぜひ次の旅先にしてみてはいかがでしょうか(^^)

\安全な格安旅行を申し込むならH.I.S/

 

オススメ度
利用しやすさ
質の良さ
料金
会社規模
H.I.S.の詳細
おすすめのツアー
コメント
日本最大級の海外旅行を得意とする旅行会社。旅行者にとって嬉しい「格安」での旅行を提供している。
The following two tabs change content below.
うみ

うみ

国内外問わず、旅が大好き! 国内は47都道府県制覇。現在は離島攻めに取り掛かってます。 海外は5大陸合わせて35ヶ国以上で、目指せ100ヶ国! 旅の情報はネット上に沢山ありますが、"まだまだ足りない旅情報"を発信していきたいと思っています!