世界放浪中のタカヤンです!

現在、オーストラリアでワーホリをしながら旅をしています。

旅の途中で「グレートオーシャンロード」という、絶景の海沿いが続く道に出会いました。

そこにはなんと、あのMr.Childrenが名曲「Tomorrow never knows」のPV撮影をした場所があるのです。

ロケ地でTomorrow never knowsを聴く。

こんな贅沢ってあります?!

ということで今回は、僕がそんなグレートオーシャンロードについて旅らび.com“より詳しくレポートしていきます!

ミスチル好きの方、絶景好きな方は、是非読んでみてください。

スポンサーリンク

グレートオーシャンロードって何?どこ?

まず、絶景が続く道【グレートオーシャンロード】について、簡単に説明していきます!

オーストラリアのビクトリア州南西部にあります。

最寄りの都市は、オーストラリア第2の都市であり、世界一住みやすい都市に何度も選ばれたことのある【メルボルン】です。

トーキー(Torquay)という町から、アランズフォード(Allansford)までの約250kmを繋ぐ海岸線沿いの道です。

つるはしやシャベル、ダイナマイト等を使い、16年かけて全て人力で作られたそうです。

この距離を地道に作っていくことを考えると、気が遠くなりますね。

世界で最も美しい海岸道路」とも言われるほど、美しい景色が広がっています。

グレートオーシャンロードは、ただ綺麗な海が見えるだけではありません!

オーストラリア特有の野生動物が生息している国立公園があったり、熱帯雨林があったり、リゾート地があったりと、たくさんの見所があります!

そして最大の見所は『12使徒』と呼ばれる海に浮かぶ奇岩。

これを見に、たくさんの観光客が訪れます。

また、『Tomorrow never knows』のロケ地も12使徒です。

スポンサーリンク

グレートオーシャンロードへの旅の始まりは『メルボルン』から。

グレートオーシャンロードへの旅の始まりは、メルボルンから。

僕は車を持っているので、自分で運転していきました。

バスツアーもやっていますが、車で行くのがおすすめです!

250kmもある道なので、自分で運転していれば好きな時間配分で行動することができます。

オーストラリアは、交通ルールが比較的日本と同じなので、運転に慣れている方ならあまり問題はないかと思います!

メルボルンから車で90分ほどのところに、グレートオーシャンロード始まりの町【トーキー】があります。

グレートオーシャンロードに入って、まず目に入ったのは海!

海が本当に綺麗です…。

この辺りの海は、サーフィンのメッカとしても有名。

確かに、海を眺めていると大きい波がよく来ています。

サーフィンをやる人だったら絶対楽しいと思いますよ!

野生動物との出会いが…。

グレートオーシャンロードでは野生動物にも出会えます。

コアラ注意!』の看板も。

「NEXT〜km」は、「ここから〜km」という意味です。

25kmもコアラが出て来るかもしれない道を走るの?!」と、最初見たときは驚きました。

「野生のコアラなんてそんな簡単に出会えるのかな〜」

野生のコアラとカラフルな鳥を発見!

と思っていたら、いたんです!(笑)

車で走っていると、何やら人だかりを発見!

【ケネットリバー】という場所は野生のコアラが多数生息していることで有名です!

車で走っていると、道路にたくさんの車が停まっていたり、人だかりができていることが多いのでわかりやすいと思います。

コアラは木の上の方にいたので、写真だとちょっとわかりにくいですが、木に跨って寝ています。

ここでは、数匹のコアラを見ることができましたよ〜。

コアラは1日18〜20時間程度寝ているようなので、皆寝ていました。

コアラだけでなく、カラフルな野鳥もたくさんいます。

野鳥ですが、かなり人馴れしていて肩や腕に鳥を乗せてる人もいました(笑)

ケネットリバーは、かなりの高確率で野生のコアラを見ることができるようなので、グレートオーシャンロードに行く際は是非行ってみてくださいね!

野生のエミューにも遭遇!

グレートオーシャンロードを少し通り過ぎたところですが、野生のエミューに出会えるスポットもあります。

エミューはとても人馴れしていて、食べ物をもらおうと近寄ってきます。

ですが野生なので、食べ物はあげないようにしてくださいね。

また、ここにはカンガルーやコアラ、野鳥も多数生息しています。

僕はここでも、木の上で寝ているコアラを発見しました!

オーストラリアって、旅しているとポケモンみたいに色々な野生動物が出てくるので楽しいです。

ここがMr.Children『Tomorrow never knows』のロケ地グレートオーシャンロード!【絶景12使徒】

ここがグレートオーシャンロード最大の見所、12使徒。

かつては、12個の大きな奇岩が海の上に浮かんでいましたが、海の侵食により岩が崩壊し、数が減ってきています。

これらの奇岩は、元々は本土の断崖と陸続きだったのですが、風と波によって削られてできたそう。

また、数十年後には断崖の侵食が進んで、新たな石柱ができる可能性もあります。

まさに、今この瞬間しか見られない景色ですね!

数十年後にまた行くと、景色も変わっているんだと思います。

ここの景色は、本当に絶景でした。

オーストラリアを半周ラウンドして、数々の絶景を見てきましたが、その中でも強く印象に残っています。

グレートオーシャンロードは夕日がおすすめ!

昼間の青い空に映える12使徒も絶景ですが、夕暮れ時も美しいです。

海に沈む夕日と奇岩群。この景色を見るために、夕時にもたくさんの人が集まります。

是非、昼間の景色と夕焼けの景色を両方とも見て欲しいです!

オーストラリアの壮大さを感じる光景でした。

ロケ地で『Tomorrow never knows』に浸ってみた。

一通り12使徒の景色を見た後に、ここでtomorrow never knowsのPVをYouTubeで見てみました。

12使徒で聴くtomorrow never knowsは感慨深いと言いますか、「ついにここまで来たんだな…」という気分になりました。

PVの後半に、12使徒周辺の崖の上で桜井さんが熱唱しています。

実際に12使徒まで来るとわかるのですが、思った以上にここまで来るのが大変です。

メルボルンから12使徒までは300kmほどの距離があります。

PVを見ながら思ったことは、「ミスチルもよく、わざわざこんな遠くまで来たな〜」ということ。

そして、12使徒のところは意外となかなか出てきません(笑)

PV後半になって、急に出てきます。

ストーリーはよくわかりませんが、壮大さを感じる映像でした。

崖の上で熱唱している桜井さんは気持ち良いでしょうね〜。

PVでは、ヘリコプターを使って上空から撮影しているので、実際に僕が見た景色とは少し違います。

しかし、ヘリコプターに乗って上空から12使徒を眺めることもできるので、上空からの絶景を見てみたい方はヘリコプターに乗ってみるのもアリだと思います!

スポンサーリンク

グレートオーシャンロードのまとめ

それでは、オーストラリア南部の絶景・グレートオーシャンロードのまとめです。

  • 最寄りの都市はメルボルン!グレートオーシャンロードの始まりの町までは、車で90分くらいです。
  • 始まりから終わりまで、約250kmの道のりです。運転ができる人は、自分で運転して行くのがおすすめ!
  • 野生動物との出会いが楽しい!特にコアラは、ケネットリバーで高確率で見ることができます。
  • tomorrow never knowsのロケ地、12使徒周辺が観光のメイン。海と奇岩群が本当に絶景です。
  • PVでは、後半になって12使徒周辺の断崖が出てきます。ヘリコプターに乗ると上空からの絶景も楽しめます!

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

グレートオーシャンロードで、Tomorrow never knowsに浸りながら絶景を眺めてみてください!

\安全な格安旅行を申し込むならH.I.S/

 

オススメ度
利用しやすさ
質の良さ
料金
会社規模
H.I.S.の詳細
おすすめのツアー
コメント
日本最大級の海外旅行を得意とする旅行会社。旅行者にとって嬉しい「格安」での旅行を提供している。
The following two tabs change content below.
タカヤン
こんにちは。タカヤンです!北海道出身。 これまで日本中を旅したり、ピースボートで世界一周を経験してきました。 現在は、2018年6月〜妻と世界を旅しています。アジア料理とベルギービール、Tシャツが好き。マイナーなスポットやガイドブックでは得られない、現地の情報を発信していきたいと思っています。