こんにちは!

世界的に人気の観光都市バンコクは日本人にも人気の都市ですよね。

有名な寺院やタイ料理、タイマッサージ、ナイトマーケット、都会的なショッピングセンターなど、楽しいことが盛り沢山な街です。

ただ、やりたいことや行きたいところが多過ぎて、どうすれば良いのか悩んでいるという人も多いと思います。

バンコクで主要なところには全部行ってきた私が、タイ初心者の方向けにバンコクで行くべきところ・やるべきことなど”バンコクの楽しみ方”について紹介していきます!

スポンサーリンク

1.まずはバックパッカーの聖地『カオサンロード』へ!!

まずはここですね!

タイに来たということを強く感じられる場所です。

バックパッカーの聖地」としても昔から有名な場所ですね。

安宿やレストラン、旅行会社やお土産屋などが立ち並んでいて、賑やかな通りです。世界各地からの旅行者が集まっているので、人が流れて行くのを見るだけでも面白いです。

ここでは、屋台やレストランで美味しいタイ料理を食べたり、値段交渉をしながら服やお土産を買ってみましょう。

旅行会社に入って、ツアーを検討して見るのも良いかもしれません。

カオサンロード の面白いところは、昼と夜で雰囲気が全く違うところです。

昼は観光地という雰囲気で賑わっているのですが、夜になるとカオサンロード 全体がクラブのような雰囲気に変わるのです!

音楽はガンガンで、隣にいる人とも大声で喋らないと聞こえないくらい。通り沿い一体にバーがあるので、それぞれの音が重なり合って、クラブ状態。欧米人なんかは道端で踊り狂っています。

日本だったら、騒音で周りから苦情がくるからこんなことはできないだろうなと思います。世界にはこんな場所もあるのかと、カルチャーショックを受けました。

カオサンロードのバーで名物なのは、バケツカクテルです!

なんと、カクテルがバケツの中に入っています。それを数人でシェアしてストローで飲むのです。是非、挑戦してみてください!お酒が強い方は、もちろん1人で飲んでも大丈夫です(笑)

ここでは基本的にグラスがでかいです。欧米人向けなのでしょうか。

それでいて日本より確実に安いので、お酒も進んでしまいますね(笑)

スポンサーリンク

2.【寺院巡り】ワット・ポーで『リクライニングブッダ』を見よう!

バンコクの有名な寺院で、よくガイドブックでも表紙や前の方に出てきます!

大きな金色の寝っ転がっている仏像で有名ですね

「涅槃像」(ねはん像)と言います。テレビなどでも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。実際に仏像を目の前にすると、この大きさに圧倒されました。

この仏像、実は足の裏もすごいんです!

足の裏には、仏教の世界観を表した108の絵が描かれています。この絵が細かくて美しい。

ちなみに、寝っ転がっている仏像のことを英語で「リクライニングブッダ」と言います。

なんかこの言い方だとくつろいでいるみたいで面白い響きですよね。もしかしたら本当にくつろいでいるのかもしれませんが。

タイでは色々なところに「リクライニングブッダ」がいるので、ちょっと案内板にも注目してみてください。

3.【絶景の寺院】ワット・アルンを写真に収めよう!

こちらもワット・ポーと同じくらい人気の寺院です!

高い塔がいくつもそびえ立っていて、美しい。

塔の近くに行くと、装飾の細かさがよく分かります。塔の装飾には、砕いた陶器が使われています。

ちなみにワット・アルンは10バーツ硬貨にも描かれています。タイで本当に大切な寺院だということですね。

ワット・アルンに行く際は渡し船で川を渡る場合が多いと思います。川を渡っている最中から既にワット・アルンが見えます。

ちょっと遠くからだと、全体が見えるのでこちらからの景色もおすすめです!

4.【フォトジェニックな寺院】ワット・パクナムを撮影してインスタに投稿!

観光地としてはマイナーだったのですが、最近instagramで広がって人気急上昇している寺院です。

寺院の内部がインスタ映えするスポットとして話題になっています。

僕が行ったときは、日本人の大学生くらいの女子が多かったです。ここに行くのは日本人ばかりのようです。

何がインスタ映えするかというと、仏塔の最上階にある天井画なんです!

緑色に怪しく光る塔と、宇宙のような天井画。ここが寺院だとはとても思えません。

ずっと見ていると、引き込まれるような感じがして不思議です。タイの伝統的な寺院とは全く違うので、面白いです。

普通の寺院に飽きたという方も是非、行ってみてください!!

5.【これは外せない!】美し過ぎるナイトマーケットへ!

東南アジアではそれぞれの街でナイトマーケットをやっていることが多いです。

暑くて昼間はあまり外にいることができないので、南国ならではの文化ですね。バンコクにもいくつも人気のナイトマーケットが存在しています。

数カ所のナイトマーケットに行って、一番おすすめの場所は『ラチャダー鉄道市場』でした。

ここの光景、誰かのinstagramで見たことがあるのではないでしょうか?

この市場は店舗数の多さもさることながら、市場を上から見た景色がインスタ映えするとして話題になっています。

この光景をどうやって見るかというと、市場の横にあるショッピングセンターに入り、4階にある駐車場へと行きます。駐車場の淵から市場を眺めると店のテントがカラフルに輝いて、まるで宝石箱のよう絶景です。

ナイトマーケットでこんな楽しみ方ができるとは思いませんでした。

景色だけでなく、もちろんマーケットとしても抜群に楽しいです。屋台やバー、お土産屋、服屋などの数が本当に多いです。

食べ歩きできるものも多いので、少しずつつまんで食べるのも楽しいです。タイの定番料理はもちろん、海鮮の屋台が多いのも目立ちました。海鮮好きにはたまりませんね!

6.タイ料理を食べまくろう!

日本でも人気のタイ料理。

タイは外食文化なので、数多くの飲食店があり美味しいものだらけです。旅先での食事は、旅の楽しみの醍醐味とも言えるのではないでしょうか。

美味しいタイの料理が、日本で食べるよりも遥かに安く、本場の味を味わえるのは嬉しいですね。現地の料理も日本人の口に合うものが多いです。

誰もが知っている「トムヤムクン」から数種類ものカレー、タイの焼き鳥「ガイヤーン」、甘辛いタレの味が美味しい「パッタイ」、ご飯の上に茹でた鶏肉がのせてある「カオマンガイ」、一時は日本でもブームになった「ガパオ」、フルーツスムージーなどのドリンクも美味しいです!

これらは定番ですが、間違いなく美味しい料理なのでタイ初心者の方はとりあえず食べてみてください!

いろいろ食べた中で私が特におすすめするのは『カオマンガイです。どこで食べても間違いなく美味しい。ハズレなしで、日本人なら絶対に好きだと思います!

ただ、タイで食事をとる時の注意点があります!

日本から比べると、タイは衛生環境が悪いことが多いです。そのため、中には食あたりを起こしてしまう人もいます。

観光客向けのレストランであれば大丈夫なことが多いと思いますが、屋台も美味しそうでつい食べてしまいます。

ローカルな食堂であれば、美味しい料理が信じられないような値段でお腹いっぱい食べられます。

個人的に注意する大きな判断基準は「火がしっかり通っているかどうか」です。しっかりと火が通っているものであれば、滅菌されていることが多いので、基本的には安心して食べられると思います。

タイで食事をする際には、少しだけ気を付けて楽しんでください!

スポンサーリンク

まとめ

昔から日本人の人気観光地であるバンコク。

常夏で都会の喧騒と土臭さが入り混じる街。

バンコクにはまだまだおすすめがありますが、バンコクに初めて旅行される方はとりあえずこの記事を参考にしてみてください!

\安全な格安旅行を申し込むならH.I.S/

 

オススメ度
利用しやすさ
質の良さ
料金
会社規模
H.I.S.の詳細
おすすめのツアー
コメント
日本最大級の海外旅行を得意とする旅行会社。旅行者にとって嬉しい「格安」での旅行を提供している。
The following two tabs change content below.
タカヤン
こんにちは。タカヤンです!北海道出身。 これまで日本中を旅したり、ピースボートで世界一周を経験してきました。 現在は、2018年6月〜妻と世界を旅しています。アジア料理とベルギービール、Tシャツが好き。マイナーなスポットやガイドブックでは得られない、現地の情報を発信していきたいと思っています。