「海外旅行に行こうと思っているけど、時間がないから近場で済ませたい!いいところないかな?」

「安くて面白い台湾旅行を考えているけど、実際のところどうなの?」

「実際の台北の感想・体験談を詳しく教えて!!」

 

日本から約5時間で行くことができる大人気の旅行先『台北』

今回は、実際に台北に行った体験談を紹介していきます!

台北旅行に興味を持っている人は、行く前にチェックしてみてください♪

スポンサーリンク

行く前抱いていた台北の印象とは…?

台北に対してのイメージ
◎ 発展途上国である
◎ 日本と同じ島国
◎ 台湾語しか通じない?
◎ 衛生面はしっかりしてる?
◎ 親日国であるということ
◎ 観光を楽しめるのだろうか?
◎ 夜市は楽しいかな?
◎ 食事が美味しいらしい etc..

私が台北へ行く前に抱いていた台北のイメージをまとめてみました!

たくさん書いてみましたが、こんなイメージがあったんですね。。

行くと決まるまでは本当に何も知らない状態で「台北?香港と何が違うの??」くらいなにも知りませんでした。

そして、かなり台北を舐めていたのも事実です。笑

台北に着いた時に抱いた第一印象は「日本じゃん…。」

先ほど紹介したイメージを抱きつつ、台北旅行がスタート。

海外旅行はどこに行くにもやっぱりウキウキでした…!

「どんな旅行になるんだろう?」「どうやって楽しんでやろう!」そんな気持ちがとても強かったです。

そして、台北に到着。到着した空港は「桃園空港」でした。

既に台湾らしい飾り付けがしてあり、台北に着いたんだという実感が湧きました。

入国審査等を終わらせ、台北に入国。

入国して一番最初に目に入ったのが「日本語」でした…。

少し悲しくなりましたが、日本とはかなり近しい国であることがわかりました。

スポンサーリンク

台北旅行をしていて驚いたことを10個まとめてみた!

台北旅行で驚いたこと
1.タピオカミルクティーのお店がいっぱい
2.タピオカミルクティーが大きい
3.信号が画期的
4.電車(MRT)がかなり安い
5.呼吸博物院の迫力がすごい
6.台湾語をほとんど使っていない
7.地下街がすごい
8.マックで単品を頼めない
9.日本語が少し通じる
10.寒いと感じることがない

台北で驚いたことは多々あります。

ここでは、台北旅行に行ってみて驚いたことを10個まとめてみましたので、紹介していきます!

台北で驚いたこと1:タピオカミルクティーのお店がいっぱい

台北のみならず台湾全土で有名なのが「タピオカミルクティー」ですよね。

タピオカミルクティーが有名なことは行く前から知っていましたが、お店があり過ぎることにビックリです。

イメージとしては日本のコンビニエンスストアのような感じです。

実際に台北を歩いていても、コンビニエンスストアよりタピオカミルクティーのお店がありました。

とっても美味しいのですが、こんなにはいらないなと感じました。

台北で驚いたこと2:タピオカミルクティーが大きい

度々のタピオカミルクティーネタですみません。

もう一つ驚いたのがその大きさです。

日本のスターバックスのグランデサイズと同じくらいかそれよりも大きいサイズが一般的でした。

値段も日本円で200円くらいだったのでお得感が満載でした。

タピオカは腹持ちがいいので、一食分として飲んでいた日もありました。

台北で驚いたこと3:信号機が画期的

台北にある信号機はかなり画期的だと感じました。

というのも、赤になっている時間と青になっている時間を秒単位で教えてくれるのです。

信号がいつ変わるのかわかっていれば、車やバイクの人も割り切って待ってくれるので、歩行者としてはかなり渡りやすい横断歩道でした。

信号の人が青の時は動いていたので可愛らしかったのも覚えています。

台北で驚いたこと4:電車(MRT)がかなり安い

台北市内を走っているMRTという地下鉄の電車賃がかなり安いことにも驚きました。

普通に切符を買って利用するのであればそこまで安さを感じないのですが、日本で言うスイカのようなカードを発行して使うことで、本来の電車賃が7割引きに。

最初にある程度チャージをしてしまっていたので、使い切るのに大変でした。

台北で驚いたこと5:故宮博物院の迫力がすごい

故宮博物院にも行きました。

なんでも中国の特に貴重な美術品だけを台湾に持ってきて展示していると聞いたので、なお楽しみでした。

第一印象は「でか過ぎる」です。

ルーブル美術館のような大きさで、じっくり見るのであれば1日で見れるかどうかわからないくらいに大迫力でした。

その中でも、一番の目玉が「白菜」と「肉塊石」です。

とても石で作られたようには見えないくらいに硬度な技術をもちいた作品でしたが、この二つを数秒見るのに2時間弱並びました。笑

台北で驚いたこと6:台湾語をほとんど使っていない

こちらもかなり驚きました。

台湾なので、台湾語の翻訳本を持って渡航しました。

しかし、全然通じません。自分の発音のせいかなとも思いましたので、最初は気にしていなかったのですが、詳しく聞いてみると台湾語を使っているのは現地のお年寄りの人だけだそうです。

台湾にいる若者は北京語を主流としていて、逆に台湾語がわからないといいます。

台湾に行くときは北京語の本を持っていきましょう。

台北で驚いたこと7:地下街がすごい

台北の中心地では、地下街が発達しており、たくさんの露店が軒を連ねています。

長さは3,4駅分くらいあり、食べ物をはじめ、洋服や雑貨、電化製品など様々なものを販売しています。

どれも破格なので、ショッピングを楽しみたい人にはおすすめの場所です。

また、全てが地下街に収まっているので、雨が降っても問題ありません。

気にせず買い物を楽しむことができます。

台北で驚いたこと8:マックで単品を頼めない

台湾の料理はとっても美味しいですが、たまには日本にあるような食事を食べたいと感じてしまいます。

その理由は、料理のほとんどに油を使っているからです。

そこで、マックを食べようと思い注文をしました。

単品を頼んだのですが、出てきたのはセット。

1つという英語を知っているだけ伝えたのですがダメでした。

ですが、「タンピエン」と言えば単品を頼むことはできます。笑

台北で驚いたこと9:日本語が少し通じる

日本語で喋ったことも少し通じることがありました。

昔、台湾人に日本人が日本語を教えていたといいます。

その影響もあり、お年寄りはほとんどの人が日本語を扱えるそうです。

そして、若者も日本語と似通った発音の言葉が多いので、その影響で少し伝わるようです。

日本語の読み方から台湾語になっているものもあるので、ダメ元で日本語をしゃべってみるのもありかもしれません。

台北で驚いたこと10:寒いと感じることがない

台北に行ったのは1月〜2月あたりでしたが、冬の時期でも寒いと感じることはありませんでした。

もちろん、半袖とまでは行きませんが、長袖一枚で十分です。

中には汗をかく日もあったくらいなので、服装に拘る必要はなさそうです。

 

短期間でも台北旅行でも、これだけの驚きがありました。

私はこのようなポイントで驚きましたが、人によっては全く違ったところで驚くことがあるかもしれません。

そのようなことも旅行の一つの楽しみとして頭の片隅に入れておきましょう。

実際に観光した台北旅行でおすすめする旅行地TOP5とその感想まとめ!

台北でおすすめな観光地
1.中正紀念堂
2.九份
3.士林夜市
4.故宮博物院
5.十分

ここでは、実際に観光をした旅行先を5つに厳選して紹介していきます!

参考になれば幸いです♪

台北でおすすめな観光地1:中正記念堂

大迫力の建物は写真で感じるよりもすごさがあります。

私は建物よりもどちらかと言うと、その前の広場の広さに驚きました。

写真スポットは多々あるので、台北に行ったら必ず行っておきたい観光地になります。

また、衛兵交代式もやっているのでチェックしておきましょう。

台北でおすすめな観光地2:九份

台北から来るまで一時間半ほど行ったところにある九份。

台湾の中でもNo.1の観光地ということもあり、たくさんの旅行客で賑わいを見せていました。

映画「千と千尋の神隠しの舞台としても有名な九份は本当に千と千尋の神隠しそのものでした。

お茶を飲むことができるお店が幾つかあり、そこから見る景色はとてもきれいでした。

ツアーで行ったので帰りのバスは優先してのせてもらえましたが、バス待ちの人もかなり多かったので1回で乗れるかは定かではないです。

台北でおすすめな観光地3:士林夜市

台北は日が落ち後も楽しむことができます。

それは「夜市

台北で一番有名な士林夜市にも当然行きました。

これでもかというくらいに露店が連なり、地下街と同じように食べ物や洋服、雑貨など様々でした。

気持ち食べ物屋さんが多いかなと感じましたが、普通にお店で食べる料理よりも露店で食べる料理の方が美味しいです。

夕食を食べ場合は夜市で食べましょう。

台北でおすすめな観光地4:故宮博物院

故宮博物館は台北の主要観光地として有名ですが、ここは本当にすごいです!

まず、建物の迫力。

行ってみるとわかりますが、想像している5倍は大きいです。笑

建物の大きさだけでなく、院内の美術品もかなり多く1日まるまる使っても足りるかどうかというくらいです。(美術館や博物館が好きな人はずっと入れると思います。)

そして、世界的に有名な「肉塊」と「白菜」

ツアーと被らなければ意外とスムーズにみることができます!

私は被ってしまいましたが…。笑

時間がある場合は1日開けてもいいかと思いますが、時間が作れない人は2時間くらいで考えておくといいかもしれません!

台北でおすすめな観光地5:十分

台北郊外にある『十分』!

ここでは、すれすれを走る電車やランタンを自分で作成して飛ばすことができます!

インスタ映えするということで、たくさんの日本人が九份へ行く前に通る定番の観光スポットになります。

私も九份へ行く前に少しだけ寄りましたが、本当に電車がすれすれを通ります。

そもそもランタンを作成している場所が線路の上。電車が普通に通過していきます。笑

お店もすれすれに作られているので、みたことのない体験ができます!

かなりびっくりしてください。笑

 

どの観光地も楽しみ方は多数ありますので、自分なりの楽しんでみて下さい!

特に夜市は、地下街とまた違った食べ物や洋服などに出会うことができるので、何回行っても飽きないと思います。

台北旅行に行ってみてなにをしたらもっと楽しめたのか?

私はショッピング目的ではなかったので、そこまで多くのお金を持っていたわけではありませんでした。

もちろん、満足できるほどには楽しめましたが、台北で有名なお土産や現地の雑貨、洋服などをもっと買うことができたらさらに楽しめたと思っています。

物価が安いので、いろいろと買いすぎないようにだけ注意していれば、観光・食事・買い物全てで楽しむことができます!!

女性に人気な理由も行ってみてわかりました。

可愛らしい雑貨やお土産がたくさんあるので、周りの人に買っていってあげてください♪

なぜ台北が日本人に人気があるのか考えてみた…!

台北が人気な理由
1.ザ・観光都市である!
2.食事が美味しい!
3.日本から近い!

台北がなぜ人気なのか実際に行ってみて考えてみました。

その理由は3つあります。

人気の理由①:ザ・観光都市である!

台北は「ザ・観光地」といえるくらいに観光に適した都市です。

というのも、観光地に行くまでのアクセスや観光地の盛り上がり具合、近いところに観光地が密集しているなど観光都市としての多くのメリットがあります。

日によって行きたい場所を絞って回ることができるので、2泊3日などでも飽きることはありません。

広く浅く回るというよりは、一つの観光地をたくさん回るほうが台北の場合は良いのかなと感じました。

人気の理由②:食事が美味しい!

旅行で最重要ポイントの一つとして上げることができる「食事」についてですが、台北は問題ないでしょう。

というのも、中華料理は日本人の味覚にマッチしているので、マズイと感じることはほとんどありません。

脂っこいのが唯一の弱点ですが、それを除けば旅行中は食事で困ることはないでしょう。

人気の理由③:日本から近い!

日本から約5時間で行くことができ、航空会社も多数台湾と日本を行き来しているので、国境間でのアクセスも良好です。

機内食も美味しいので、不満なく台北に行くことができるでしょう。

 

この3つの理由があるからこそ、人気の観光地として日本人から愛されているのでしょう。

旅行は行って楽しいことが大前提ですので、その観点から見ても台北は十分に楽しめる旅行先であると言えます。

ちょっとした休みで行くことができるのも良いですよね!

台北旅行を計画してみましょう!!

まとめ

今回は、台北旅行の体験談を紹介していきました!

台北は観光地が多いので、事前の下調べが必須な旅行先であると感じます。

楽しい観光地ばかりなので、どこに行っても後悔はありませんが、計画的に行ければより多くの旅行先を回ることができます。

現地でのアクセスもいいので、バンバン地下鉄を使ってみてください!

この記事が台北旅行の参考になればと思っています♪

\安全な格安旅行を申し込むならH.I.S/

 

オススメ度
利用しやすさ
質の良さ
料金
会社規模
HISの詳細
おすすめのツアー
コメント
日本最大級の海外旅行を得意とする旅行会社。旅行者にとって嬉しい「格安」での旅行を提供している。
The following two tabs change content below.
旅らび.com編集部

旅らび.com編集部

海外旅行専門の情報メディア『旅らび.com』! 日々、海外旅行に関する有益な情報を発信しています。 TwitterやInstagram、Facebookでもサイトでは発信していない海外旅行情報を発信していますので、画像下のアイコンをクリックしてチェックしてみてくださいね♪