私は今まで約60か国旅をしてきましたが、「この国の景色は素晴らしい!」と思っても、「この国のゴハンをまた食べに来たい!」と思った国はごくわずか。

やはり日本食に敵う国ってそうそうないのです。(もちろん私が大の和食好きということもありますが)

その中でも私が「この国の食なら毎日食べられるかも!」と思ったのは『イタリア』

日本で食べるイタリアンは日本人に合うように工夫が凝らされているかもしれませんが、それは決して本場のイタリアンとは言えないですよね。

そこで首都ローマからナポリ、フィレンツェ、ミラノなどイタリアを1周した私が「これは心からおいしかった!」と言えるグルメを紹介していきます!

スポンサーリンク

1.ローマ編

イタリアの首都ローマ。

世界遺産や街並み、いたるところが洗練されており、レストランも豊富にあります。

その中でもイタリアンの代名詞『パスタ』がとてもおいしかったです。私が食べたのは『ムール貝とあさりのパスタ』

トマトソースとかが主流に思われますが、このパスタはまるで和風パスタのようにさっぱりしてておいしかったです。

味付けの正体までは残念ながら特定できなかったのですが、このお店は現地の人におすすめのパスタ屋さんを尋ねたところ「おいしいよ」と教えてくれたレストランですが、ここのお店の名前だけ忘れてしまい…。

思い出したら更新させてください(>_<)すいません。

食後のあとは『エスプレッソ』

本場のエスプレッソはとても苦いのですが、(私は苦いコーヒー苦手)でもそれがいかにもイタリアを味わってるって感じで頭がさえます。

魚介類のパスタもおいしいですが、トマトソース系のボロネーゼもとってもおいしかったですよ!!

2.ナポリ編

日本人に大人気の観光地「青の洞窟」や「アマルフィ」などにも日帰りで行けるナポリ。

他の都市と比べると、雑多で少し治安に心配がある街でもあるのですが、ナポリにもたくさんおいしい食べ物があります。

ナポリはあるイタリアン料理の発祥の地なのですが、皆さんはわかりますか?

答えはピザのマルゲリータ!!私、マルゲリータ大好きなんです!!

だからもうそれはそれは楽しみにお店に向かいました。

私が行ったのはSorbilloというお店。ナポリの大聖堂の近くにあります。

その通りが少し細い路地なので、少し迷ってしまったのですが、現地の人に道を尋ねると「あーSorbilloね、有名なピザ屋さんよ。ここを曲がったところ」とお店の名前を伝えるだけで、すぐわかるなんて現地の人からも愛されているお店なんだと思いました。

夜の開店時間が19時なのですが、道に迷ってしまったおかげで到着が19時20分くらいになってしまったら、なんともう満席!!外で待つことになりました。

それでもなかなか空かずに、「相席なら空いたよー」と店員さんに言われ、相席で現地の方々とマルゲリータをいただきました!

日本だと相席は嫌なんですけど、海外だと積極的に相席するタイプです、私(笑)

現地の方々とお話してお食事するのってまさに一期一会って感じで、すごく好きな時間なんですよ!

ちょっと話はずれてしまいましたが、大人気店のマルゲリータ!

間違いのないおいしいマルゲリータでした。

しかもこのマルゲリータはレギュラーのものだと3ユーロと破格の値段!

私は真ん中にチーズが乗ったマルゲリータを頼んだので7ユーロでした。それでもこのボリュームで7ユーロは安いですよね!

このチーズが乗ったマルゲリータは相席した現地の方イチ押しのメニューだったので、迷わずに注文しました。

おなかが満たされて外へ出たところ、とある日本人が「ここいつも満席ですよね」と話かけてきたので、イタリアに駐在されている方の中でも有名店でなかなか入れないお店みたいですね。

3.フィレンツェ編

フィレンツェは洗練された本当にお上品な街。ドゥオモをはじめ、オレンジの屋根がフィレンツェの雰囲気をさらにいっそう盛り上げます。

先程お伝えしたようにナポリはマルゲリータ発祥の地。ではフィレンツェは何が発祥の地でしょう?

答えは「ジェラート」イタリアは本当にジェラート屋さんが各都市にあって、どれも絶品です!

でもジェラートを食べるならせっかくなら発祥の地、しかも老舗のジェラート屋さんで食べてみたくないですか?

私が行ったのは「ペルケノ

こちらのお店は1939年創業のジェラート屋さん!!

素材にこだわっているそうで、自社基準を満たした素材のみを扱い、商品化しているそうです。

しかもフィレンツェの観光の中心、ドゥオモの近くにお店をかまえているので、観光で疲れたあとに食べるとよりいっそうおいしいんですよね♪

私がお店を訪れたときも、もう外にあふれるくらいたくさんのお客さんがいて、フレーバーを選ぶだけでも一苦労。

でもそれだけ人気店ということで、お店の方も忙しそうに働いていました。私が食べたのはピスタチオとアーモンドクッキー!!

ピスタチオは現地の人がとてもおすすめするフレーバーで、他のお客さんの注文をきいていてもピスタチオを注文する人ってとっても多いんですよね。

ピスタチオもアーモンドクッキーも口に入れたときはとても濃厚なんですけど、後味はさっぱりしていてペロッと食べられてしまいました。

何度食べても飽きない味です。現地の人だけでなく、日本人観光客の方もたくさん訪れていましたよ。

4.ミラノ編

ミラノコレクションなどファッショナブルでスタイリッシュな街、ミラノ。

ミラノはジェラートの発祥の地ではないのですが、すごいおいしかったジェラート屋さんがあったので惜しまずにご紹介しちゃいます!!

お店の名前は「Venchi

こちらもドゥオモを後ろにしてまっすぐ行った通りの左側にあります。

ここは特に下調べや現地の人に尋ねたわけではなく、たまたま歩き疲れてジェラート食べたいー!と思い、(どんだけジェラート食べるんだって話ですが)たまたま入ったお店が大正解でした!

このお店のジェラートを私のSNSでアップしたところ、なんと現地の方から「このお店はジェラート屋さんの中でも私が一番好きなお店よ」とコメントがあったので、有名店なのかもしれません。

外観がかわいらしかったのと、お店の中が清潔感があったので選んだのですが、味もおいしいし、店員さんも人懐っこくてかわいらしい方が多かったのでぜひおすすめしたいです。

選んだフレーバーはピスタチオとマスカルポーネ!

もうピスタチオは私の中でいつもスタメンなのですが、マスカルポーネは初招集!

チーズ味のアイスって食べる前は正直大丈夫かななんて思ったりしたのですが、とってもさっぱりしていて、後味すっきりでした。

スポンサーリンク

本場のイタリアンは間違いない!

ローマ・ナポリ・フィレンツェ・ミラノとイタリア各都市で食べたグルメを紹介していきました!

旅行をする上で、観光ももちろん楽しみですが、食べる事も楽しみの一つですし、せっかく海外まで来たら、おいしい現地の食事を食べたいですよね。

見つけたお店に入っても、味がいまいち…。とかやっぱり外国の味って大味で好きじゃないとか残念な思いをしないためにも、私が実際に行っておいしかったお店をご紹介しました。

特にイタリアといったらという、パスタとピザ、エスプレッソ、ジェラートはかかせませんよ!

上記で紹介したグルメはもしイタリアに行く機会があったら、ぜひ行ってみてくださいね♪

絶対後悔はさせません!!

\安全な格安旅行を申し込むならH.I.S/

 

オススメ度
利用しやすさ
質の良さ
料金
会社規模
H.I.S.の詳細
おすすめのツアー
コメント
日本最大級の海外旅行を得意とする旅行会社。旅行者にとって嬉しい「格安」での旅行を提供している。
The following two tabs change content below.
ayappeage

ayappeage

現在フリーモデルとして活動しながら、空いた時間で世界を旅しています。一人で世界遺産を巡るのが大好きで、渡航経験は58ヵ国!世界遺産検定2級も取得しています。女子がなかなか行かない国や治安が心配な国を紹介したり、海外旅行に興味はあるけど勇気が出ない人の後押しができる有益な発信ができればと思っています!