ナマステー。

突然ですが、インドって言ったら何を思い浮かべますか?

私の場合はこうです。

インドに対するイメージ
・汚い
・治安悪そう
・牛
・とにかく汚い
・タージマハル
・人が多い
・なんか怖そう
・ていうか絶対汚い

インドの方々にはとても申し訳ないのですが、本気でこういうマイナス面の多いイメージがあったので、タージマハルは見てみたいけどあまり行く気がしない国。という位置付けでした。

ところが人生は何が起こるか分からないもんで。笑

いろんな縁がありまして、先日インドへ行って参りました!(2018年10月)

私が訪れた都市は、首都であるデリーと、西部にあるジャイサルメールという2都市です。

インドに行ったことで、私のインドに対するイメージが、マイナスからプラスにがらっ!と変わりました。(汚いというイメージは割とそのままでしたけど笑)

そんなわけで、プラスのイメージに変わるきっかけとなったデリーとジャイサルメールについて紹介したいと思います!

スポンサーリンク

私が感じたインドの首都”デリー”という都市はこんな感じ!

先ずは首都のデリーについて紹介します。

デリーはオールドデリーとニューデリーに分けられており、オールドデリーは商業・工業・政治の中心地となってます。

機能として働いているのはニューデリーの方だそうです。

日本からは東京と大阪から直行便が出ており、約10時間半かかります

私は福岡からだったので、上海を経由してのデリーでした。

私は、オールドデリーの方しか行ってないのですが、さすが人口第2位の国。人がゴミのようです←

どこもかしこも人人人たまに牛!

いやぁ街中が中々のカオスっぷりです笑

電車は綺麗でした。乗り心地もヨシ。

こちらは赤い城(または赤い砦orレッド・フォートorラール・キラー)と言って、ムガル帝国時代(1648年築造)の城塞です。

「赤い城の建造物群」として2007年に世界遺産に登録されました。

アクセスですが、Lal Quila 駅(ラール・キラー駅)が直結している地下鉄が便利です。

入場料は国民と観光客との差が半端ない笑

インド国民は35ルピー(約60円)で、我ら外国人観光客は600ルピー(約980円)です。

赤くて綺麗なお城です。

メインの出入口であるラホール門を通ると市場があり、

さらに進むとナッカル・カーナという中門があります。

こちらがディワーニ・アームと言って、一般の謁見場所。

こちらの白い建物が、お偉い方の謁見する場所です。

外観は白くてシンプルな作りになってますが、

内観はこんな感じで、柱も天井も細かく装飾が施されおり、とても華美な作りとなっています。

そして気になるデリーの街並みなのですが、ぶっちゃけ汚いというイメージは覆されませんでした。笑

人も乗り物も多いし、ゴミの量も半端無いです。

なんかほんと、インドに来た!って実感するには十分過ぎるくらいインドインドしてました。

それがまた珍しくて、かなり楽しんでたんですけどね笑

スポンサーリンク

黄金に輝く都市”ジャイサルメール”に行ってみて…!

まず、ジャイサルメールをウィキペディアで調べてみました。

日が沈む頃、街が金色に輝くのが見えるのでゴールデンシティの愛称がある。

参考:Wikipedia

ゴ、ゴールデンシティとな⁈⁈⁈

なんかもうそこ一文見ただけでめっっっちゃ行きたくなる!!

街全体が黄色の砂岩で出来ているため、金色に輝いているように見えるんですね〜!

ジャイサルメールへは、デリーから飛行機や列車で行くことが出来ます。

私はデリーからは飛行機で、ジャイプールという都市で乗り継ぎをしてジャイサルメールへと着きました。

プロペラ機だからめっちゃ騒音がすごかった…。

ジャイサルメールは12世紀に造られた城郭都市で、街の中心には7haほどの台地状の丘があり、その上が城壁に囲まれた王宮(ジャイサルメール城)となってます。

私のカメラレベル(スマホ)ではあまり分からないかもしれませんが、昼と夜のお城がこちらです。

ジャイサルメール城は2013年に「ラージャスターンの丘陵城塞群」の一つとして世界遺産に登録されました。

中世は王様の居城として機能してましたが、現在は地元民が城砦内でも日常暮らしてます。

お店も沢山あるし

宿もあるし

博物館があったり

野良牛がいたりもします。

城内からの城下町の眺めは最高です!

街の人々もとても優しく、歩いていると沢山声をかけられます。しかもめちゃくちゃフレンドリー!

強引な逆引きなどもなく、ほんとみんなとても優しく接してくれます!

ジャイサルメール城は出入り自由で、散歩がてらお城の外にも出てみました。

かつては門でもあったのかな?という出入口っぽい所を抜けると…

どーん!と御牛様が沢山います。

至る所に糞が落ちているので足元には十分ご注意を!

しかし足元ばかりに気を取られていてもいけません。

ぽとっ…

生暖かいものがいきなり頭に降ってきた!!

そう、頭上にはハトとコウモリがこれまた沢山いるんです。

私はハトに、う○こ爆弾を投下されました。

皆さん、十分に気をつけましょう。

またジャイサルメールは、タール砂漠のほぼ中央部に位置するオアシス都市ともなっており、街から出て少し行くと、そこには砂漠が広がっています。

砂漠ではラクダにも乗れます。乗り心地悪いけど!でもつぶらなお目々がとてもキュート!!

インドの食事といえばカレー!なのでたくさん食べてきました!

インドといえばやはりカレー!

ひたすらカレーばっか食べてやるという意気込みでインドへ行きました。

しかしながら、インドへの渡航経験者たちの話だと、かなりの確率でお腹を壊すということを聞きます。私も実際インドに行く前に、

・カレーのスパイスにやられた
・屋台では絶対食べない方がいい
・生野菜は完全アウト
・ひたすら下痢でトイレと友達になる

とか色んな話を聞きました。

じゃー何を食べたらいいんだwと思いましたが。

けど私はカレーも好きだし、何より海外の屋台が大好き!!

あの、屋台が放つ独特の雰囲気とか、何が売ってあるのか分からない感じとか、隣で食べてる地元民との交流とか!!

結果、カレー食べても屋台で食べても生野菜食べても、幸いお腹を壊すことがなかったので、ラッキーでしたv(・∀・)v

ということで、色んなカレーを見ていきましょう!笑

これはデリー空港のフードコートで食べたカレー

カフェで食べたカレー

これは屋台で食べたものですが、ビリヤニみたいな感じかなぁ?

まぁカレー炒飯ですね。さすが屋台、これが20ルピー(約32円)って安い!

砂漠のホテルで食べたカレー

街中で無料で配ってたカレー(お祭りの関係で配布とのこと)

ジャイプール空港で食べたサモサ(パイ生地で包んだカレーみたいな)

そんなこんなでカレーばかり食べてきました!安くて美味しい!

ただ!!

インド人が言う「ノースパイシー」は最後まで信用出来ませんでした。笑

辛いの苦手なので、そこだけがネック!笑

4泊6日のインド旅行でかかった実際の費用はこちら!

旅行費用
福岡–デリー間の航空券約60,500円
デリー–ジャイサルメール間の航空券約19,000円
現地交通費約1,000円
宿泊費(4泊)約13,000円
観光費約12,000円
その他(食費/お土産代等)約13,000円
合計約12万円

さて、気になる費用ですが、合計約12万円です!!

思ったより使いすぎた感あります。笑

ホテルもちょっと良いところ泊まったし。

まぁけど楽しかったから結果ヨシ!ということで(^^)v

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

当初の汚いというイメージは割とそのまま残ってはいますが、インド人はとてもフレンドリーで優しいんです!

なによりイケメンも多い!!

事前にネットでビザを取るのが少し面倒ではありましたが、日本人はアライバルビザ(インドの空港に着いた時に取れるビザ)が適用されるので、ネットで申請するのが面倒だという方は、現地でも取得可能です。

インドは、好き嫌い分かれると言いますが、私は好きになりました!

また行きたい!

以上、インドが好きになった愛美でした(・∀・)/

\安全な格安旅行を申し込むならH.I.S/

 

オススメ度
利用しやすさ
質の良さ
料金
会社規模
H.I.S.の詳細
おすすめのツアー
コメント
日本最大級の海外旅行を得意とする旅行会社。旅行者にとって嬉しい「格安」での旅行を提供している。
The following two tabs change content below.
うみ

うみ

国内外問わず、旅が大好き! 国内は47都道府県制覇。現在は離島攻めに取り掛かってます。 海外は5大陸合わせて35ヶ国以上で、目指せ100ヶ国! 旅の情報はネット上に沢山ありますが、"まだまだ足りない旅情報"を発信していきたいと思っています!