「アゼルバイジャン」と聞くと、治安が大丈夫かな?その前にどんな国なんだろう・・・と具体的なイメージがなかなかできないですよね。

私自身もテレビで初めてアゼルバイジャンの街並みを見て、こんなにキレイな国なんだ!と良い意味で期待を裏切られて、絶対行ってみたいと思ったのがきっかけです。

実際、アゼルバイジャンは「2のドバイ」と言われていて、今とても勢いのある国なんです。

国名だけ聞くと少し怖そうと思われてしまうかもしれませんが、治安は他の国と比べて群を抜いて良く、街も綺麗でゴミも落ちていない、人は親切、見どころたくさん!と私が行った国の中で良かった国ベスト10にランクイン決定の国と思えるほど気にいりました。

ぜひアゼルバイジャン”バクー”の魅力を伝えていきたいと思います。

スポンサーリンク

アゼルバイジャンへの入国は日本人だけビザが無料!

アゼルバイジャンへは日本人だけビザが無料で入国できるのです!

他の国の方々は2030ドル払わないといけないところ、日本人はアライバルビザでしかも無料!

アゼルバイジャンの空港に到着するとアライバルビザを取得するための機械が10台くらい並んでいるので、そこで簡単に取得することができます。

しかも機械が日本語対応なので、安心ですね!

スポンサーリンク

アゼルバイジャンのヘイダルアリエフ国際空港から市内へ!

アゼルバイジャンの空港を出ると、28May駅行きのリムジンバスが停車しています。

バスに乗る前にバクーカードをいうICカードを購入することをおすすめします。

こちらのICカードを購入しておくと、バスはもちろん地下鉄も乗る事ができるので11回きっぷを買う必要がないので、非常に便利です。

カードを買うための機械は英語対応もしています。

また、カード代の2マナトとチャージの3マナトの合計5マナトで購入しておくと、十分バクーを旅行が楽しめるかと思います。

またこのカードを買う際に友達とどうやって買うんだろうみたいな会話をしていると、空港の清掃員のおばちゃんがこうやって買うのよと身振り手振り教えてくださり、本当に親切な人が多い国です。

28May駅までくると地下鉄やバスが観光地に通っているので、このあたりのホテルを予約しておくと便利だと思います。

私はどうしてもフレイム・タワーに宿泊したかったので、旧市街地の方に宿泊しました。

アゼルバイジャンは安いホステルから5つ星の高級ホテルまでかなり幅広くホテルが集約されているので、ホテル選びに困ることはありません。

早速、アゼルバイジャンのバクー街歩き!!

アゼルバイジャンのバクーは比較的市内に見どころがまとまっているので、観光しやすい街です。

あと綺麗でわかりやすいメトロやバスがあるので、バクーカードを購入しておくと非常に便利です。

まず向かったのはバクーの見どころがつまっている旧市街!

旧市街には世界遺産が2つあります。

1.シルヴァン・シャフ・ハーン宮殿

宮殿といっても豪華絢爛な宮殿はなく、土色のシンプルな宮殿なのですが、これがまた青い空ととても映えるんですよね。

内部も見学することができました。

2.乙女の塔

高さ29.5m。伝説によると王であるハーンが娘に言い寄り、その娘が嘆きこの塔から身を投じたと言われています。

どちらも入場料が爆上げしており、2マナトと聞いていたところ15マナトしました(驚)

3.カスピ海

アゼルバイジャンはカスピ海に面している国です。

ゆったりとお散歩するのにとても良い場所だと思いました。

私は夕方ごろからお散歩してみたのですが、カップルが楽しそうに歩いていたり、中学生くらいの男の子たちが自転車で遊んでいたり、のんびりとしていてすごく良い時間でした。

夕日がとてもきれいではありませんか!?

とてもお気に入りの場所です。

4.フレイム・タワーのライトアップ

夜になると私が泊まったフレイム・タワーがライトアップされます。

写真は赤・青・緑のライトアップですが、アゼルバイジャンの国旗色や国旗を振っている人、水、炎などいろんなパターンのライトアップが楽しめます。

このカスピ海から見るのが一番きれいだと思いますので、ぜひ見てみてください。

 

夜ごはんまでにまだまだ散歩を続けます。

アゼルバイジャンにはインスタ映えスポットがたくさんあります。

5.ライオンのペインティングと小さいうさちゃん!

まず旧市街からカスピ海に抜ける道でこんなライオンのペインティングがされているお店がありましたので、思わずガオーとポーズ!

そしてその近くにはとってもとっても小さいうさぎちゃんに遭遇

野生ではなく、お店の人が飼っているうさぎのようで本当にかわいかったなー♪

私たち以外にも観光客のみんなに人気のうさぎちゃんで人だかりができていました!

6.カラフルなバッグ!!

アゼルバイジャンの雑貨もとってもカラフルでかわいいです♪

私が一番かわいいと思ったのは「BAKU」と書かれたバッグ。

ボタンが一面に貼られていて、とてもしゃれたデザインですよね!?

なんとなくアジアチックな雑貨だけど、街並みはヨーロッパのような雰囲気でいろんな文化が混在している雰囲気でした。

ただ値段は交渉次第ということで私は購入しなかったのですが、友達が半額以上値切っていろいろとお土産を買うことができていたので、うまく交渉してくださいね(笑)

でもアゼルバイジャン人はきっと優しい国民性なのかあまりねばらなくてもすぐ値引きしてくれます。

逆に私の友達がすごい勢いで値段交渉していたので、私は一緒にいて少し恥ずかしくなりました(笑)

7.ヘイダル・アリエフ・センター

続いてきたのは、新国立競技場でも一躍有名になった女性建築家ザッハ・ハディド氏が設計した「ヘイダル・アリエフ・センター」

曲線がなんとも美しい!!地震がない国だからこそできるこのデザインでしょうか!?

 ヘイダル・アリエフ・センターの前にはこんなフォトスポットがあります!

I LOVE BAKU!!

まさにそのとおり!!私もバクーにはまってしまった一人です!

8.ヘイダルモスク

そしてバクーの街から少し離れた場所にあるモスク「ヘイダルモスク」

なんとこのモスク、エレベーターまでついちゃってます。さすがオイルマネーの国ですね!

アゼルバイジャンにあるおすすめのフードコートでご飯!

私たちは自分たちで好きなものを食べられるカスピ海沿いにあるパーク・ブルヴァールというショッピングモールの中にあるフードコートで夜ご飯を食べました。

洋食をはじめ、イタリアン、なんとお寿司まであります!!

私はそろそろ和食が食べたくなってお寿司を食べることにしました。

味もなかなかよかったですよ!

何を食べていいかわからないという方はこのフードコートで食べてみるのもいいかもしれません。

ファストフードなどもあるので、毎日きてもいろんなお店の選択ができます。

スポンサーリンク

まとめ

アゼルバイジャンのバクーは見どころが集まっているので、2日あれば十分見て回る事ができます。

アジアとヨーロッパの良いところを織り交ぜたような不思議な雰囲気で魅力いっぱいの国です。

街が綺麗に整備されており、人々も優しく、公共交通機関も発展しており、これからどんどん勢いを増していく国だなと思いました。

私たちは夜22時以降も街歩きをしていましたが、まったく怖い思いもせず、物乞いもほとんどいませんし、車は横断歩道でちゃんと止まってくれるので安心して渡ることもできます。

バスに乗っているだけで「どこへ行くの?降りる場所に着いたら教えるね」と親切にしてくれたり、助け合おう精神がいっぱいの国です。

また数年後アゼルバイジャンを訪れたら、街自体がまったく違う雰囲気になっているのかなと楽しみです。勢いのある本当に素晴らしいおすすめの国なので、ぜひ行ってみてくださいね♪

\安全な格安旅行を申し込むならH.I.S/

 

オススメ度
利用しやすさ
質の良さ
料金
会社規模
H.I.S.の詳細
おすすめのツアー
コメント
日本最大級の海外旅行を得意とする旅行会社。旅行者にとって嬉しい「格安」での旅行を提供している。
The following two tabs change content below.
Aya

Aya

現在フリーモデルとして活動しながら、空いた時間で世界を旅しています。一人で世界遺産を巡るのが大好きで、渡航経験は58ヵ国!世界遺産検定2級も取得しています。女子がなかなか行かない国や治安が心配な国を紹介したり、海外旅行に興味はあるけど勇気が出ない人の後押しができる有益な発信ができればと思っています!