旅行の体験談

私が一押ししている旺角の見所と香港のグルメ文化を思う存分堪能しよう!

香港と言えば、飲茶などのグルメが有名ですね!

特に旺角(モンコック)は本格的な香港グルメを味わうことができる場所で、さらにショッピングも楽しめます。旅行を楽しむためにも、旺角は外せない観光スポットです!

今回は、旺角の見どころについて旅らび.com“より詳しくご紹介していきます!

スポンサーリンク

香港の繁華街「旺角(モンコック)」!

香港の九龍半島中部に位置する「旺角」は、香港の下町的な存在の繁華街です!

世界でも人口密度が高いことで知られている香港ですが、旺角はその中でも特に人口密度が高い地域として有名です。

繁華街なだけあり地下鉄やバスなどの交通機関の便もよく、観光客にとってはとても観光しやすいです!

香港はかつてイギリスの植民地だった時代があり、いたるところにイギリスの名残を感じさせられます。バスは、イギリスのダブルデッカーを思わせるような2階建てのバスが運行しています。

グルメやショッピングできるお店が多く建ち並び、香港の雰囲気を十分満喫できる旺角。香港へ旅行の際はぜひ訪れたい観光スポットです!

スポンサーリンク

旺角で食べれる香港グルメ1:インスタ映えするカフェ「Black Sugar Coffee & Lifestyle」!

一緒に旅行した友人と、滞在したホテルの近くにあるカフェ「Black Sugar Coffee & Lifestyle」で朝食を食べることに。

メニューが沢山あり迷ってしまいましたが、こちらの「アボカド&エッグトーストダブルサラダ」を注文しました。お値段は98$です。

ちょうどいいボリュームと日本人好みの味付けで、とても美味しかったです!

友人は、写真奥の「エッグベネディクト ダブルサーモン」を注文。

エッグベネディクトは日本でも人気ですね!こちらのお値段は108$です。こちらも味付けがよく、とても美味しかったようです!

店内もおしゃれなこちらのカフェは、犬や日本がモチーフのアイテムもいくつか展示されていました。海外で日本の物を見ると、ちょっと嬉しくなります!

私たちがお店に行った時は時間帯的にも混んでいなかたので、のんびりと過ごせました。とても落ち着く素敵なカフェなので、ぜひおすすめします!

旺角で食べれる香港グルメ2:定番の香港式ミルクティー!

香港に来たらぜひ一度飲んでいただきたいのが、香港式ミルクティー!

イギリスの植民地時代に持ち込まれたミルクティーですが、イギリスとは違いお茶に牛乳を入れる習慣がなかった香港。

その為、当時はコンデンスミルクやエバミルクを使用するのが一般的でした。

さらに数種類の紅茶をブレンドしていることもあり、ミルクティーの味は香港特有のものと変化していきました。

日本で飲むミルクティーより濃いめの味ですが、香港でしか味わうことができないのでレストランやカフェでぜひ飲んでみてはいかがでしょうか?

旺角で食べれる香港グルメ3:点心料理のお店「王将精点」!

香港へ来たらぜひ食べたいのが、小籠包などの点心料理ではないでしょうか?

沢山の中華料理がある香港ですが、「王将精点」は地元の人も絶賛するほどの美味しい点心が食べられます!

店内はカウンターのみですが、豊富なメニューで点心の他にスープなどもあります。気軽に食べられる雰囲気のお店なので、小腹がすいたらぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

旺角で食べれる香港グルメ4:日本でも大流行の「Gong cha」!

こちらは台湾発祥のお店ですが、現在日本でも大流行しているタピオカドリンク専門店の「Gong cha」

日本では、長蛇の列に並んでいる光景をよく目にします。

いつもGong chaの長蛇の列を見ると諦めていましたが、こんな機会は滅多にないということで、香港では並ぶことなくドリンクが買えました!

とても美味しかったです!

旺角まで徒歩数分!好立地な『メトロパークホテル九龍』がおすすめです!

旅行では、もちろんホテルも大事ですね!

今回の香港旅行では、「メトロパークホテル九龍」に宿泊しました。

最寄り駅までアクセス抜群で、徒歩数分で旺角まで行けたので、立地的にも大変良いホテルでした!

また、ホテルは中国語の他に英語も対応していてホテルマンの対応も迅速だったので、とても快適に過ごせました!さらに、シャンプーなどのアメニティーグッズも充実していたので嬉しかったです。

日本ではアメニティー付きのホテルがほとんどですが、海外では最低限に抑えられているホテルもあるので、やはりアメニティーは重要ですね!

また香港へ旅行する際は、ぜひ利用させて頂きたいです。

旺角で買える香港のお土産!

旺角で買えるお土産1:万能薬の「白花油」!

香港の薬局などで手軽に購入できる「白花油」は、古くから万能薬として知られています!

その効果は、鼻づまりや肩こり、虫よけや筋肉痛緩和と実に多岐に渡ります。

主な成分はメントールやユーカリなので、全体的にスースーする香りが特徴です。香港では昔からある白花油の効果は絶大で、多くの信頼を集めています!

私も今回初めて購入してみましたが、一度使ったら手放せなくなるほどです!

筋肉痛の時に足に塗布したり、こめかみに塗って頭痛が緩和されるなど実に優れものです!

サイズも数種類あるので、旅行やお出かけで持参する場合は小さめサイズ、家に常備する場合は大きめサイズなどと使い分けるのも良さそうです。

因みに、香港の薬局では中国茶なども販売しているので、お土産として買いたい方はぜひ薬局にも足を運ぶことをおすすめします!

日本の「出前一丁」が香港に!?

あるお土産屋さんの店内には、日本のお菓子やインスタントラーメンなどが並んでいました!

日本人として嬉しい反面、興味本位でその商品を見ていると、そこにはなんと「出前一丁」がありました。

パッケージも英語と中国語がほとんどでしたが、確実にあの日本の出前一丁です!

地元の人に聞いたところ、香港では出前一丁がとても人気とのこと。

私が持っているガイドブックのお土産コーナーのページにも、出前一丁が載っていました!

さすがに買いませんでしたが、日本食が人気なことはとても嬉しいですね!

旺角は夜も魅力的なんですよ!

繁華街の旺角は一日中賑やかですが、夜は一段と活気づいてきます!

旺角駅の南東側には、「女人街」という女性向けのナイト・マーケットあります。洋服やアクセサリーが手頃の値段で買えるので、お土産を選ぶには最適の場所です!

モンコック通りを超えると、「ゴールドフィッシュ・マーケット(金魚街)」という市場があります。金魚や熱帯魚などが入ったビニール袋が販売されていて、見ているだけでとても楽しくなってきます!

他にも色々と見どころはありますが、特にレストランが多い旺角は歩いているだけで食の誘惑が多いです。

どのお店のメニューも美味しそうに見えてきます!

ただ英語が通じないお店もあるので、その時はメニューを指さし注文!

イメージしていたお料理と違うなんてこともあるかも知れませんが、それもまた旅の醍醐味です。

旺角だけでなく、香港は夜も観光するのに最適な場所です!

香港島に位置するビクトリアピークの「百万ドルの夜景」も、香港に来たらぜひ見ておきたい観光スポットです!

詳しくは、以下の記事をご覧ください!

スポンサーリンク

まとめ

美味しい香港グルメやショッピングが楽しめる旺角は、香港へ来たら一度は訪れたい観光スポットです!

お店が沢山ありすぎて迷ってしまうかも知れませんが、今回ご紹介した場所を参考にして香港旅行を楽しんで頂ければと思います。

ぜひとも、香港へ旅行の際は旺角に足を運んでみてください!

ABOUT ME
Lily
Lily
学生時代から旅行が好きで、今まで10か国以上旅行しています。 旅行中に世界遺産に興味を持ち始め、「世界遺産検定2級」を取得しています!旅のお供に趣味のカメラを持ち歩き、撮影もしています。 楽しくなる海外旅行の情報をお届けしますので、是非ともご覧ください!
RELATED POST