海外旅行の移動手段というと、飛行機が一番メジャーな移動手段。

ヨーロッパであれば電車やバスも発展していて、節約する点では非常に便利ですよね。

私も海外旅行をする際は飛行機、電車、バスを目的地と値段を見比べ、使い分けています。

しかし今回私が北欧を旅すると決めたときに、北欧ではクルーズ船でまわることができて、しかも人気があると聞き、これはぜひ乗船してみたい!と思い、夢の初クルーズでの旅をしてきました。

想像以上に豪華で、まるでホテルみたいなクルーズ船!

できればずっと乗船していたいと思えるほど素敵な旅になりましたので、ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

北欧の豪華クルーズ船”タリンクシリヤライン”とは!?

クルーズというととても豪華でなかなか手を出しにくいイメージがありますが、タリンクシリヤラインはもちろん豪華ですが、私は一人旅で利用しましたし、私以外にも一人で利用されている方がいるほどクルーズ船の中でもカジュアルな宿泊クルーズかと思います。

私みたくちょっとクルーズ船の旅をしてみたいけど、敷居が高そうでなかなか手を出せないと思っている方にはぴったりのクルーズかと思います。

日本からも予約ができます。

タリンクシリヤラインは北欧スウェーデンのストックホルム、フィンランドのヘルシンキ、バルト三国のエストニアのタリン、ラトビアのリガを結んでいます。

私はスウェーデンのストックホルムからフィンランドのヘルシンキを移動しましたので、その乗船記録をお伝えしていきたいと思います。

キャビン数は約1000

クラスは最上級のエグゼクティブスイート、スイート、ジュニアスイート、コモドア、デラックス、Aクラス、プロムナード、ファミリー、Bクラス、C/Eクラスになります。

私が宿泊したのは窓から海の景色も見れるAクラスのお部屋。

9階のお部屋だったので、眺めもよかったです。

Aクラス以下だと窓なしのお部屋や海側ではなく内側向きの部屋に割り当てられてしまうようなので、Aクラス以上で予約することをおすすめします。

シーズンオフのAクラスだと30000円以下で楽しむことができます。

タリンクシリヤラインに乗船し北欧クルーズ旅行スタート!

ストックホルムの発着地は「パッタムン港」という港になります。

出発は1645分。ヘルシンキの到着は翌朝10時ごろになります。

18時間の船旅になります。

長い!と思われる方もいるかもしれませんが、飛行機と違いちゃんとベッドがあって横になれますし、シャワーもあり、船の中がホテルのようになっていますので、私はもっと乗船していたい!と思えるほどでした。

タリンクシリヤラインに早速乗船してみましょう!

船に乗るとこんな景色が広がっています。

まるで大きなショッピングモールみたいじゃないですか!?

実際に免税店やレストランなどたくさんのお店が入っており、本当に楽しいです!!

もうこの時点でテンションアップ!!

 

私が早速向かったのは夕食ビュッフェ!!

とりあえず腹が減っては戦はできぬということで、船内をめいいっぱい楽しむ前に夕ご飯を食べにいくことにしました!!

北欧はサーモンが名産!!たくさんの魚卵やお寿司もありました!!

私以外にも日本人の乗船客がいましたが、やはり日本人は海鮮好きですね!

魚卵やお寿司を取りに行くペースが異常に速かったです()

いろんな国籍の方が乗船するからか、日本食をはじめ洋食、中華、イタリアンなどデザートも充実していました。

お酒やソフトドリンクの種類も迷うほどありました。

夕食ビュッフェだけでも2時間くらいかけて私は食べていました()

 

さておなかも満たされたところで船内を探検しに行きましょう!

船内の廊下では早速ダンスショーが行われていました!たくさんの観客!!

乗船中はいろんなイベントを行っているようで、舞台では歌のパフォーマンスもやっていました!

とても迫力があって、見ていてうっとりしました。

みなさんお酒を片手に音楽に酔いしれている感じでしたよ!なんか大人な空間って感じでした。

 

船内には免税店もあり、フィンランド出身のブランド、マリメッコもお店に入っていました。

フィンランドに着いてからマリメッコ本店に立ち寄ってみると、かなりお値段が高かったので、船内で購入した方が安くゲットすることができます。

私は母親に小銭入れをプレゼント用に購入しました。

私はやりませんでしたが、カジノもありたくさんの乗客が賭けていました。まるで1つの国のような雰囲気です。

あとはデッキにも出て、外の眺めを見ることもできます。

私がデッキにいたときはちょうど人がいなくてたっぷりと景色を楽しむことができました。

私は船酔いをする方ですが、タリンクシリヤラインはゆったりと運転しているのでちょっと揺れはあるものの、船酔いするということはありません。

寝るときもホテルに寝ているような感じで熟睡できました。

そんなこんなでタリンクシリヤラインがフィンランドに到着!

フィンランドに到着したら入国手続きをして、「オリンピアターミナル」という港に到着します。

あっという間のクルーズ船の旅でした。本当に豪華でクセになりそうなクルーズ船!!

クルーズ船タリンクシリヤラインに乗車してみて…

私も初めて国と国間を船、しかもクルーズ船で移動してみました。

クルーズ船というとハイレベルなイメージを持ちがちですが、タリンクシリヤラインはカジュアルにクルーズ船を楽しめる初心者向けの客船だと思います。

クルーズ船の良いところは優雅な気分に浸れるだけでなく、1つの船の中にすべてが詰まっているところだと思います。

他のホテルと遜色ない客室。ベッドもふかふかしていて、シャワーの水はけも悪くありません。窓からは広大な海の景色も見ることができます。

おなかがすいたら、さまざまなメニューがあるビュッフェを味わうことができます。座席数もたくさんあるので、行列ができたり、待ち時間が長いということはなく快適に食事を楽しむことができます。

買い物をしたいと思ったら、免税店やスーパーもあります。

フィンランドで有名なマリメッコの商品はもちろん、フィンランド出身のキャラクタームーミンのグッズも売っています。

私は会社のみなさんにお土産として、ムーミンのお菓子をこのタリンクシリヤラインで購入していったら、非常に喜ばれました。

トイレも清潔でどの階にもあり、トイレの行列ができることもありません。

海外へ行くとトイレの数も少ないので特に女性トイレは混雑したり、清潔感がなくトイレに寄るのも嫌だなと思うときがあると思います。

しかしタリンクシリヤラインではそういったことはありません。

いろんなエンターテイメントも充実していて、常にダンスや歌、演奏などのパフォーマンスを楽しむことができます。

疲れたら客室に戻って少し休んで、そのあとまた船内を楽しむことができて効率よく船の旅を満喫することが可能です。

まとめ

私は今回のクルーズ船が初めてでしたが、一度クルーズ船に乗ってはまってしまった方はリピーターのお客さんも多いみたいですね!

実際私も乗船して、またぜひクルーズ船での旅行をしてみたいとやみつきになりそうでした。そして私だけでなくぜひ両親も連れてきてみたいなと思いました。

若い方は一人でも友達同士でもカップルでもハネムーンでも、高齢者の方で海外旅行へ行きたいと思っている方にもクルーズ船は非常に旅しやすいと思いますので、おすすめです!!

いつもは飛行機、電車、バスを使うことが多いと思いますが、北欧ではクルーズ船がメジャーなので、ぜひ体験してみてください!

\安全な格安旅行を申し込むならH.I.S/

 

オススメ度
利用しやすさ
質の良さ
料金
会社規模
H.I.S.の詳細
おすすめのツアー
コメント
日本最大級の海外旅行を得意とする旅行会社。旅行者にとって嬉しい「格安」での旅行を提供している。
The following two tabs change content below.
Aya

Aya

現在フリーモデルとして活動しながら、空いた時間で世界を旅しています。一人で世界遺産を巡るのが大好きで、渡航経験は58ヵ国!世界遺産検定2級も取得しています。女子がなかなか行かない国や治安が心配な国を紹介したり、海外旅行に興味はあるけど勇気が出ない人の後押しができる有益な発信ができればと思っています!