「セブ島の観光地について教えて!」

「動物と触れ合いたい!」

「セブの新たな観光スポットについて詳しく知りたい」

 

こんな要望に応えて、少し前の記憶を掘り起こしながらセブ島観光の時にワクワクしたセブ動物園の様子とセブサファリ&アドベンチャーパークの概要を”旅らび.com“より紹介して行きます!

スポンサーリンク

日本からフィリピンセブ島までは飛行機で約5時間!

セブ島の海の画像

日本からセブ島までは約5時間のフライトで行くことができます。

日本との時差は1時間なので、時差ボケの心配もなく、サクッといけちゃうリゾートです。

セブ島は、フィリピン中部のビサヤ諸島にある島で、リゾート地として知られています。

1521年のマゼラン上陸でスペイン統治が始まり、現地人の言葉タガログ語にもスペイン語と類似した言葉が使われています。

セブ市は最初にスペインによる植民地化がされた植民都市なので、建造物や史跡が随所に残っています。

宗教、食文化をはじめとする生活スタイルや建築様式に至るまで、スペインから大きな影響を受けています。

スペインの影響からなのか、フィリピン人の特性として陽気でダンスや歌が大好きな人が多いですよ♪

夜になると、大型モールでは参加自由なズンバダンスイベントが行われていたり、モールの電気屋さんの店先ではカラオケをしている人なんかもいます。

スポンサーリンク

幻のセブ動物園に行ってきました!

セブ動物園のエントランス画像

では、今回はセブ市の中のセブ動物園に行ってきました。

なぜ幻かというと、残念ながら少し前に閉園になってしまったから。

じゃあみなくていいや、と思った人ちょっと待って下さい!

現在セブ島では、セブサファリ&アドベンチャーパークがオープンしています!

幻の動物園に行けなかった人は、セブサファリ&アドベンチャーパークでも動物を間近でみることができます。

今回は貴重な幻のセブ動物園の写真を紹介したいなと思ったので、セブサファリ&アドベンチャーパークの概要や口コミと合わせて紹介していきます!

セブ島内での交通手段は全部で6つ!

ジプニーの画像

セブ島内での主な交通手段は6つです。

  1. タクシー
  2. ジプニー(上の写真のミニバスみたいな乗り物)
  3. バイクタクシー
  4. トライシクル(馬車のモーターバージョンのような乗り物)
  5. Grabタクシー
  6. 徒歩

主にこの6つになります。

それぞれメリットデメリットがありますが、使用シーンに応じて乗り物を選べます。

基本の移動手段はやはりタクシーかGrabタクシーになります。

冷房も効いているし、Grabなら事前支払いもできるので、安心して使えます。

ただ、6つの移動手段の中では少し値段がかかってきます。(*日本よりは格段に安いです)

移動人数の多いときはジプニーを1台借り切って移動をしたり、ちょっと先の場所までだったら、バイクタクシーを使ったりしていました。

一番おすすめしないのは徒歩での移動です。

そもそも歩道がきちんと整備されていない区間も多いので、車すれすれを歩かなくてはいけない場所も多々あります。

更に夜道徒歩で歩くと、スリや子供たちに囲まれて貴重品を奪われるなんてこともあります。

やはり、ここは外国ということは忘れずに使用時間帯や、使用用途によって適切な交通手段を選んでいきましょう。

日本ではありえない0距離で動物と触れ合うことができた!

ではここからはCebu zooの紹介です。

今はなき、セブ動物園はセブの山地にありました。

入場料は25ペソ(=60円)ととても安かったです。

動物園という名前がついていますが、日本の動物園のクオリティには及ぶことがなく、森を切り開いて、鉄格子を持ってきただけという雰囲気です。

よく言えば、ナチュラル、悪く言えばあまりお金をかけていない作りになっています。

セブ動物園の醍醐味は、動物と触れ合えるというところです。

へびの体験をしている時の画像

到着するとすぐに、巨大へびをクビにかけられます。

ウェルカムスネークです。

毒は持っていないと言われますが、終始ゆっくりと動いて舌をピロピロ出しているその姿にギョッとしました。

絞め殺される!!

と身体がこわばってしまいました。

鷹を肩に乗せている時の画像

鷹の肩乗せに挑戦しました。

ちなみに、ガードするものは何もないので、鷹のツメががっしり肩に食い込んで痛い!

痛みに耐えながら、肩乗せを終えました。

クロコダイルの画像

他の動物で接触が可能だった中で、誰も挑戦しなかったですが、ワニとの触れ合いもできました。

さすがに、このクオリティでは安全が保障されないので、怖いです。

猿の画像

それから、猿なんかもいて、出して!と言わんばかりに目で訴えてきて可愛いかったです。

普通の動物園だとなかなかここまでの近距離で動物を観察することができないので、ここまで近づけるのは貴重な体験でした。

トータル的に0cmで動物と触れ合えたという点はセブ動物園の醍醐味でした。

無くなってしまって少しさみしい気もします。

現在はセブサファリ&アドベンチャーパークができました!

セブシティから車で約2時間ほどの場所にセブサファリ&アドベンチャーパークが2018年にオープンしました。

動物の観覧、植物、動物によるショーを楽しむことができるようです。

次回セブ島に行ったら、私も行ってみようと目星をつけています。

ということで、自分のためにも、下調べした内容を紹介していきますね♪

まずは交通手段です。

セブサファリ&アドベンチャーパークに行くにはバスか、タクシーで向かうのがおすすめです。

バスの場合はノースバスターミナルからセレスライナー(バス)で北上し、カルメンプラザで下車。

カルメンプラザからはセブサファリ行きの専用シャトル(※片道 P100、AM7:00-AM11:00までの午前中のみ運行)が出ているので、そのシャトルに乗るか、ハーバルハーバルというバイクのタクシーに乗って向かいます。

セブシティからはGrab Carでも片道約1000ペソ(=3300円程度)なので、4人までならGrab Car(もしくはタクシー)で行くのもおすすめですよ♪

それから、チケットは公式ページより事前に購入することもできます。

現地でも購入できるみたいです。(こちら

大人1728円・子供864円の価格でチケット購入することができます。(為替レートにより多少前後します)

チケットの画像意外と安いな!という印象です。

内容は行ったのちにレポートして行こうとおもいますが、実際に行った人の感想もgoogle検索していると900件以上のレビューが掲載されています。

せっかくなので、少し紹介しますね!

いく価値のある場所!セブにすでに独自のサファリとアドベンチャーパークがあると感じました!特に家族や子供にとって素晴らしい経験を味わえる場所です。動物を間近で見ることができるように工夫がされ、ショーもあるので、ショーの時間に合わせて一日の行動を決めれば、丸一日居ても全然飽きずに過ごすことができます!

素晴らしい時間を過ごせました!私は家族でいったのですが、家族でも楽しめます!とても楽しい思い出に残る日帰り旅行を探している人にお勧めします。

これはセブでしか見れない!世界最高クラスのサファリ体験ができます!イオン、そしてトラやゼブラ、インプラ、ヌーのような動物がまるでジャングルの中にいるような自然な状態でみることができます。巨大なレアから美しくスマートなコンゴウインコ、素晴らしい孔雀まで、さまざまな種類の鳥(大小を問わず)も展示されています。鳥の何羽かはサファリの鳥のショーにも出演しています。

このような、絶賛の声がたくさん上がっていて、調べれば調べるほど、行きたいわーとうずうずしてきました。

やはり旅は計画性を持ってきちんと下調べして行くからこそ、楽しさも100倍です!

スポンサーリンク

まとめ

  • 幻のセブ動物園は世界一触れ合える動物園だった!
  • セブ島にいったらサファリ&アドベンチャーパークに行こう!
  • 交通手段は、利用時間と人数によって決めよう!
  • 事前の下調べが、旅を充実させてくれます。

以上今回はセブ島で動物と戯れる、ということで幻のセブ動物園と、サファリ&アドベンチャーパークを紹介してきました。

セブに行った際には、ぜひぜひ足を運んでみてくださいね!

\安全な格安旅行を申し込むならH.I.S/

 

オススメ度
利用しやすさ
質の良さ
料金
会社規模
H.I.S.の詳細
おすすめのツアー
コメント
日本最大級の海外旅行を得意とする旅行会社。旅行者にとって嬉しい「格安」での旅行を提供している。
The following two tabs change content below.

あす

“旅らび”ライター 新潟県出身 便利な都会暮らしに憧れるギャップ系女子。22歳の時の初海外旅行でフィリピンに行き、カタコト英語でなんとか乗り切る。「海外の友達を作りたい!」という想いから新卒Uターン就職するも、2年で退職し語学留学にいく。半年でTOEIC“200”点代から“800点”に意地と根性でレベルアップ!これ!と決めたら突き進む、突進型、ブルトーザーのような性格。将来は放浪しながら仕事して、経営者、旅人、両側面で生きるのが夢。