「頑張った自分をとことん甘やかしたい!」

「ご褒美に高級ホテルでセレブ気分を味わいたい!」

「ホテルでとにかくゆっくりしたい!」

 

今回は、こんなわがままな要望も全て応えてくれるマレーシアの高級ホテルDANNA(ダナ)について旅らび.com“より詳しく紹介していきます。

高級ホテルといっても、ランカウイ島の物価は日本の3分の1程度です。

宿泊代はもちろん、食事やサロンも最高レベルのサービスがお手頃価格で楽しめるので、ご褒美旅の旅先を探している人はぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク

【そもそも..】日本からランカウイ島へはどうやっていくの?

ランカウイ島に行くときは日本からの直航便は出ていないので、マレーシアの首都クアラルンプールで国内線に乗り換えて向かいます。

今回はマレーシア航空を使って、往復チケットで5万円程度のものを予約しました。

シーズンによってはもっと格安で行くことができるので、早めに予約しておきましょう。

成田から出発して、クアラルンプールまで8時間程度、クアラルンプールからランカウイ島までは1時間で到着します。

乗り換えも入れて、トータルで10時間程度で到着します。

スポンサーリンク

ランカウイ島はどこのお店でも免税なんです!

ランカウイ島の夜景
ランカウイ島の魅力はなんといっても島中が「免税」ということです。

ランカウイ島は1978年に自由貿易地帯に指定されたため、島内で売られている商品には関税などの税金は一切かかりません。

1980年代後半より、政府主導で「第二のペナン島」を目指して観光開発が進み、アジア各国はもとよりヨーロッパからの観光客が多数来る一大リゾート地となっています。

なので、日本人の観光客が比較的少ないです。

観光地化が進んでいるので、英語を話せる人が多いので、最低限の英語力があれば何も困りません。

さて、免税だとどのくらい安いのか気になるところですが、ビールは55円。ギネスビールも100円を切ります!

マッサージもローカルの店舗であれば2000円以下で十分なサービスが受けれます。

ということで、滞在中は暇があればビールを飲んで、水分補給にビール。

朝シャン=朝からシャンパン、的な感じで昼間からお酒を飲む背徳間も感じながら、滞在中は思いっきり羽を伸ばしました。

お酒をあまり飲まない人であれば、マリンスポーツも破格の値段で挑戦できるので、おすすめですよ♪

また、免税以外の魅力でいえば、海や空がめちゃめちゃキレイです!

特に夜景は息を飲む美しさ!(上の写真参照)

海・空・酒、最高な三拍子が堪能できるのは、ランカウイ島の素晴らしい魅力といえます!

自分を甘やかしすぎ注意な高級ホテル『DANNA』を紹介!

DANNAはランカウイ島の空港から車で、約30分ほどのところにあります。

プライベートビーチはもちろん、ジム・サロン・プール・レストラン・ライブ・プライベートビーチでのアクティビティなど様々な設備やイベントが充実しています。

宿泊費は朝食付き3泊で2万円程度。オフシーズンだったのか、めちゃ安く泊まれました!

英語が話せない人は、日本人スタッフもいるので安心して宿泊ができますよ♪

ホテルのエントランス画像

では早速、DANNAホテルを紹介していきます!

これはDANNAのエントランスの写真です。とてもおしゃれで高級感のあるホテルの雰囲気です。

danaのホテルエントランス画像

どこを切り取っても絵になります。

到着するとすぐに、ウェルカムドリンクとおしぼりで出迎えてくれました。

今回は女2人旅♪長旅の疲れを癒すために、スパ予約しない?

的な会話になり、到着してすぐにホテル内のスパを予約しました!

いや〜こうゆうときに気があう友達って最高!と心の中で思います。

マッサージの施設の場所

スパはホテルの上層階にあり、落ち着いたブラウンと、紫色の布で全て統一されており、入った瞬間からリラックス空間が広がっています。

マッサージの施設の場所画像
部屋に通され、バスローブに着替えます。足湯で疲れをほぐしている間に、オイルの種類を選びました。

私はリラックス効果のある、ラベンダーのアロマオイルをチョイス♪それぞれベットでたっぷり1時間30分施術を受けました。

疲れを落とした後は、腹ごしらえ!

ってことで、ホテルのレストランを探します。

ホテルのレストラン画像

プールサイド横にレストランが併設されていました。

向こう側にプライベートビーチが広がっています。

テーブルの食器や雑貨もとてもおしゃれですよね。

ここに住みたいわ〜と思いながら、お昼ご飯を注文!

お昼のハンバーガーの画像

私は、イカスミが練りこまれた、見た目ヤバめなハンバーガーをチョイス!

ハンバーガーのお肉は牛100%で食感も最高!イカスミはあまり感じずに美味しくいただけました!

サイドのポテトはしっかりと塩が振られており、最後まで美味しく食べれましたよ♪

お昼のサラダの画像

がっつりな私とうって変わって、友人はヘルシーにローストビーフサラダを注文。

見た目もおしゃれ♪目でも食事が楽しめますね!

サラダには、イクラ、トマト、ナッツが乗っており、野菜もフレッシュで美味しかったです!

東南アジアだと、生のフレッシュな野菜が食べれるところが少ないので、ホテル内で美味しい野菜が食べれるのは嬉しいポイントです。

さあ、食事も終わったので、着替えて海に繰り出します!

一旦部屋に戻ることにしました。

DANAホテルのお部屋のウェルカムフルーツ画像
部屋は、ホテルエントランス同様、クラシックな雰囲気で、とても落ち着いた高級感のあるお部屋でした。

シャワーはきちんとお湯が出るし、洗面台も綺麗!

アメニティもしっかり揃っているので、着替え以外は何も要らないです。

また室内の嬉しいサービス♪ウェルカムフルーツが置かれており、小腹が空いたらフルーツを楽しめます。

フルーツは滞在中毎日取り替えてくれるので、フルーツ好きにはたまらないサービスです♪

6000円程度の宿泊費でこれは、本当いコスパ良すぎます!泣

ダナホテル中庭の画像
ホテルのお部屋は中庭を囲む形で設計されています。

内側は木々が植えられており、ここもまたリラックス空間。

外に出れば海を楽しめる、最高設計となっています。

さあ、着替えも終わったので、プライベートビーチへ繰り出しましょう。

プライベートビーチの画像
じゃ、じゃ〜ん!

エメラルドグリーンの海が独り占めです!

プライベートビーチにも、椅子とパラソルが設置されており、海を眺めながら読書や日焼けを楽しめます。

ビーチ沿い、プールサイド双方に、専用スタッフが常駐しているので、タオルを配ってくれたり、飲み物を気軽に注文したりすることができますよ♪

プールの画像
海でひとしきり泳いだ後は、プールサイドに戻ってきました。

暑いので、ビールで喉を潤します。

「最高だ〜!」

と言い合いながら、また読書したり、肌を焼いたり、それぞれフリーな時間を楽しみました。

くれぐれも飲みすぎて酔っ払った状態で泳ぐのは危険なので、注意してくださいね!

プールサイドでのんびりしていると、ホテルのスタッフが1時間おきくらいに、アイスクリームや飲み物のサービスをしてくれます。

無料でこういったサービスまで堪能できて、まさにリア充できます。

プールサイドで頼んだフードの画像

そうこうしているとまた、お腹が空いてきたので、サンドウィッチを注文!

どんだけ食うの?と思った人、、これはご褒美旅なので、太るとか気にしていないので、スルーして下さい。

軽く焼いたパンに、野菜やお肉が挟まっています。

濃すぎず、ちょうど良い味付け!サイドでついてきたフライドポテトも、またもやちょうど良い塩加減で最高です!

そうこうしている内に日が暮れたので、少し休んでホテルのバーに飲みに行きました。
ホテルのバーの画像
バーの雰囲気も最高!セレブ空間が広がっています。

昼間しこたま食べたので、夜はドリンクを楽しみました。

バーでは、毎日生ライブが行われているので、生演奏・生歌を聞きながら、お酒を楽しむことができます。

リクエストすれば、即興でお気に入りの歌のも歌ってもらえます。

私はエドシーランの「thinking out loud」を演奏してもらいました。

とてもロマンチックな雰囲気の歌なのですが、この雰囲気と合わさって最高でした!

そんなこんなで、ホテルを堪能して疲れたので、部屋に戻りました。

寝ている画像
本を読みながら、寝てたようです。笑(ピンクのまくらは持参したものです、お恥ずかしい・・・)

ぐっすりと良質な睡眠をとって、朝はホテル内の朝ヨガに参加します。

朝ヨガの画像
中庭のような小さなスペースで行われました。

朝日を浴びて、鳥のさえずりを聞きながら、体を伸ばして行きました。

朝ヨガは事前の予約が必要になるので、参加したい人はホテルの受付で事前に予約して下さいね!

この他にも、プライベートビーチでジェットスキーができたり、朝食はシャンパン飲み放題だったり、まだまだホテルを堪能する方法はあります。

滞在中は、思いっきりホテルのサービスを使って、疲れた羽を伸ばして下さいね♪

スポンサーリンク

まとめ

チェックアウトの時にもらったお菓子の画像

  • ランカウイ島は免税の島!
  • ランカウイ島に行ったらDANNAホテルに泊まろう!
  • 疲れた体はスパで癒そう!
  • DANNAホテルのフードメニューは絶品!
  • 夜はバーで生ライブを聴きながら、お酒を楽しもう!

では今回はランカウイ島のDANNA(ダナ)ホテルの充実したサービスについて紹介していきました。

チェックアウト時には、美味しいチョコレートを貰いました♪

最後まで行き届いたサービスに、心から癒されて、なおかつ感動しました!

どこに行こうか迷っている人は、ぜひDANNAに足を運んでみてくださいね!

\安全な格安旅行を申し込むならH.I.S/

 

オススメ度
利用しやすさ
質の良さ
料金
会社規模
H.I.S.の詳細
おすすめのツアー
コメント
日本最大級の海外旅行を得意とする旅行会社。旅行者にとって嬉しい「格安」での旅行を提供している。
The following two tabs change content below.

あす

“旅らび”ライター 新潟県出身 便利な都会暮らしに憧れるギャップ系女子。22歳の時の初海外旅行でフィリピンに行き、カタコト英語でなんとか乗り切る。「海外の友達を作りたい!」という想いから新卒Uターン就職するも、2年で退職し語学留学にいく。半年でTOEIC“200”点代から“800点”に意地と根性でレベルアップ!これ!と決めたら突き進む、突進型、ブルトーザーのような性格。将来は放浪しながら仕事して、経営者、旅人、両側面で生きるのが夢。